書籍一覧_2018_copy

noteから生まれた書籍一覧(2018年)

note株式会社

noteでは、クリエイターの方々の創作活動を支援するために「クリエイター支援プログラム」で、多数の出版社やメディアの方々とパートナーシップを結んでいます。

特に「書籍出版」はクリエイターの方にとって、活躍する場を広げるたいせつな出口の1つと位置づけています。

クリエイターの方々がnoteのサービスを使ったことで、次のステージに近づけたり、日常に変化がおきたり、あたらしい仲間にであえることは、なにより嬉しいことです。

この記事では、2018年に、noteのサービスから生まれた書籍をご紹介します。

投稿コンテンツが話題をよんで書籍化のオファーがきたもの、note社主催のコンテストに応募したら、メディアでの連載がはじまって書籍化されたもの…その経緯はさまざまです。ぜひ、この機会にご覧ください。

ほかの年に生まれた書籍はこちらから。
2013〜2015年2016〜2017年2019年2020年2021年

ブルックリンでジャズを耕す 大江千里


臆病な詩人、街へ出る。 文月悠光


わたし、恋人が2人います。  きのコ 


ヲタ夫婦2:ヲタ卒は結婚より難しい。 藍 


「自己肯定感」の低い私が幸せになった5つのステップ akko 


キミのお金はどこに消えるのか 井上純一


スープ・レッスン 有賀薫 


ビジネスモデル2.0図鑑 チャーリー 


うんちはすごい   加藤篤(日本トイレ研究所)


矛盾社会序説 白饅頭 


※cakesは、2022年8月31日をもってサービスを終了しました。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!