note社からのお知らせ

  • チャットAIで記事作成を支援。「note AIアシスタント(β)」が2月8日より先行ユーザーを募集

    noteは、最新のチャットAIを活用した創作支援ツール「note AIアシスタント(β)」を近日公開するにあたり、先行ユーザーの募集を2月8日(水)より開始します。AIは創作を支援するための一つのツールだとnoteは捉えています。今後も新しい技術をいち早く活用することで、ミッションである「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」の達成につなげていきます。 「note AIアシスタント(β) 」について今回発表した「note AIアシスタント(β) 」は、一般公開から2ヶ

    スキ
    51
  • 創作が当たり前になる時代に。━━ロゴデザインリニューアルの考え方【デザイナー原研哉×note加藤貞顕 対談】

    note株式会社は、2022年12月21日に東京証券取引所グロース市場へ新規上場しました。それにあたって、ロゴタイプをはじめとしたヴィジュアル・アイデンティ(VI)を刷新。デザインは、日本デザインセンターの原研哉さんにご担当いただきました。 ここでは、日本を代表するグラフィックデザイナーであり、作家としても著作を重ねてきた原研哉さんと、note代表で編集者としてさまざまな作品を手がけてきた加藤貞顕の対談をお届けします。 より器の大きなロゴで、noteとしての意志を見せる加

    スキ
    394
  • noteはロゴをリニューアルしました。引き続き、クリエイターエコノミーを牽引していきます

    note株式会社は、12月21日(水)よりnoteのロゴデザイン、モーショングラフィックス、サウンドロゴをリニューアルして、オリジナルフォントを新たに作成しました。本リニューアルは、あらゆる人がオンラインでの活動拠点に使うプラットフォームとしてnoteが進化することを宣言するものです。 ロゴをはじめとした新しいVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)のデザインは、ひとびとの生活に寄り添う企業のブランドを手がけてきた日本デザインセンター代表・原研哉氏が担当。コーポレートロゴも新

    スキ
    1,159