新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

note、シックリーブ、男性育休の推進、同性パートナーや事実婚への福利厚生を拡充! 社員が安心して働くための制度をはじめます

note株式会社

note株式会社は、社員が安心して力を発揮できる環境を整備するために、9月1日から社員本人が不調を感じたときに取得できる「シックリーブ」、社員の家族やペットなどの不調を対象にした「大切な人のケア休暇」の2つを新たに導入し、福利厚生の適用範囲を同性パートナーや事実婚にも拡大しました。

またパートナーが出産する前後の「ウェルカムベビー休暇」取得も推進して、男性の育児参加を後押しします。社員はもちろん、社員とともに過ごす大切な人やペットを支える制度をアップデートすることで、各人の能力発揮を促していきます。

社員が安心して働けるよう、アップデートする制度

「シックリーブ」の新設

本人の病気やけがなどの際に取得できる、年間3日間の特別有給休暇

「大切な人のケア休暇」の新設

家族(同居の有無不問、ペット含む)の病気やけが、通院などで付添いが必要なときに取得できる、年間3日間の特別有給休暇

「ウェルカムベビー休暇」の取得推進

パートナーが出産する前後の「ウェルカムベビー休暇(2日間の特別有給休暇)」取得を奨励

※さらに産後パパ育休や男性の育児休業取得を促進するために
・育児休業を取得した男性社員とのランチ会実施
・本人またはパートナーの出産後にウェルカムベビーギフトをプレゼント
・社内の子育て部による、情報交換の実施

家事代行サービス補助の新設

家事代行サービスCaSyのお掃除代行・お料理代行が7%OFFで利用可能

福利厚生の適用範囲を同性パートナーや事実婚にも拡大

・対象制度:大切な人のケア休暇、ウェルカムベビー休暇、結婚・出産お祝い金、結婚休暇、パートナーの子の結婚休暇、忌引休暇

社員が安心して働けるよう、すでに導入している制度

  • 入社初日の有給休暇(10日間)付与

  • 勤務時間内のコロナワクチン接種、および副反応時の勤務免除

  • ベビーシッター利用補助

  • 結婚、出産時のお祝い金

  • 慶弔休暇:結婚休暇(5日間の特別有給休暇)、子の結婚休暇(特別有給休暇)、忌引休暇(特別有給休暇)

新制度の導入背景

当社は社員だけでなく、社員を支える家族やペットもnoteを支える一員だと考えています。社員の大切な人たちが安心して過ごせる環境を整備することで、仕事での高いパフォーマンスを引き出し、さらなるサービスの成長を目指していきます。

これまでも、仕事と育児を両立して活躍する社員やその家族へのさまざまなサポートを行ってきました。今回導入する「シックリーブ」「大切な人のケア休暇」によって、社員自身や社員の家族、ペットが不調のときに利用できる特別有給休暇を付与することで、さらに安心して働ける環境を整えます。また個々の生き方を尊重して「家族」の対象は同性パートナーや事実婚にも拡大します。

すでに導入している、パートナーが出産するときの「ウェルカムベビー休暇」は、取得を積極的に推奨。厚労省の育児休業制度改正によって10月から導入される産後パパ育休(出生時育児休業)制度に先駆けて、男性の育児参加を推進していきます。

育児中のエンジニアが語るイベント開催

当社では、noteをみんなが当たり前に使うプラットフォームに成長させるために採用活動を強化しています。社員が安心して働く環境整備を強化したことを記念して、noteで働くパパエンジニアのトークセッションを開催します。

【イベントタイトル】パパエンジニアが子育てと仕事の悩みを語る会 - note tech meetup #5
【開催日時】9月21日(水)13:00〜14:00
【視聴方法】YouTube Live


noteではたらくことに興味がある方へ

noteでは、一緒に働く仲間を募集しています。ご興味のある方は、以下リンクをご覧ください。


本制度を始めるにあたっての代表・加藤の想い


参考記事


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。