見出し画像

note pro提供開始から2周年。noteの使われ方の幅も広がり、コラボ企画も生まれています !

法人向け情報発信サービス・note proは、3月13日(土)に提供開始から2周年を迎えます。オンラインでの情報発信の重要性がますます高まる中で、企業だけでなく、行政、学校、文化施設、スポーツチームなど、さまざまなジャンルの法人がnoteでオウンドメディアの運営をはじめています。

note proは法人がオウンドメディアをはじめ、続けやすくするための機能の拡充を進めてきました。今後はさらに、note proを利用する法人クリエイター同士をつなぎ、創作を後押しするための取り組みを強化します。そのための第一歩として、3月17日(水)にはnote proの契約者限定で、現場の悩みと工夫をシェアするイベントを開催します。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、法人クリエイターのみなさんが、クリエイティブな情報発信で課題解決できる場づくりをしていきます。

note proの最新状況

note上で法人が情報発信をより続けやすくするために、2019年3月から提供を開始したnote pro。2020年以降はとくにオンラインでの情報発信の重要性が高まり、さまざまなジャンルの法人がnoteをスタートしました。私たちは情報発信を後押しするため、2020年5月に学校法人6月に地方公共団体8月に文化施設へ、note proの無償提供をはじめました。

note proのオリジナル機能も開発を進めました。この一年でnote proアカウントができるようになったことを振り返ります。

画像1


画像2


画像3


画像4

また、note proは採用広報での活用のしやすさを評価され、「HRアワード2020」を受賞しました。「HRアワード」は人事やHRソリューションの領域において、独創性や先見性、社会性などの点で優れた取り組みを表彰する制度です。

法人クリエイター起点のコラボ事例

法人クリエイター独自の取り組みがnoteのクリエイターの活躍の場を広げる例も、数多く生まれています。法人クリエイターがお題企画を開催して投稿を募集したり、メディアの書き手をnoteのクリエイターから募集したり、noteのクリエイターの記事を広告に掲載したり。思想に共感しあう法人クリエイター同士が、企画を共同開催する事例も生まれています。

noteは法人も個人も、プロもアマチュアも混ざり合って、創作をするプラットフォームです。だれもがフラットに発信しているからこそ生まれるクリエイティブな創作を重視しています。

文藝春秋digital

文藝春秋本誌連載の挿絵を募集。

村上春樹『猫を棄てる』感想文コンテストを開催。

ぺんてる シャープペン研究部

お題企画「#忘れられない一本」でシャープペンの思い出を募集。

Netflix

韓国ドラマへの愛がつづられたクリエイターの記事を交通広告に掲載。

川崎フロンターレ

ファン・サポーターからの投稿を「#わたしとフロンターレ」で募集し、マッチデープログラム本誌に掲載。

KIRIN × ポプラ社一般書通信

「#夜更けのおつまみ」投稿コンテストを開催し、大賞作品を書籍に収録。

作家・冬森灯さんの小説をポプラ社編集のもとキリンビールのnoteで連載し、『うしろむき夕食店』として書籍化。

ぺんてる シャープペン研究部 × ポプラ社一般書通信

クリエイターへの調査を両社で開催。

note pro契約者限定の2周年記念イベント

法人の情報発信は担当者が1人であったり、他部門との兼任であることも多く、社内に相談先がない環境の方も多くいます。発信を続ける上でのハードルのひとつが孤独。note proでは、定期的に開催するミートアップや担当者だけのクローズドグループをもうけて、他社の取り組みを知ったり、悩みや知見を共有したりできる場所をつくっています。2020年10月からは、地方公共団体のnote pro契約者が集まる「note自治体ミートアップ」も定期開催をはじめました。

今後はさらに法人の創作を後押しするために、B2Bのユーザー同士の繋がりの強化や、ノウハウがシェアされる仕組みづくりに注力していきます。第一歩として3月17日(水)には、note pro契約者限定の2周年記念イベントを開催。現場の悩みと工夫をシェアして、相互に影響しあう場となることを目指します。

開催日時 3月17日(水)14:00〜16:00 

配信方法 オンライン配信(Zoom)

選べるセッション 
※参加者は、同時開催のセッションいずれかひとつにご参加いただけます

【A】社員の発信を起点とした、これからの採用広報
株式会社フィードフォース 人事 渡邉 康晴(なべはる)さん
株式会社ベーシック 執行役員 CAO 角田 剛史さん

【B】ファンを巻き込むコミュニケーション
キリンホールディングス株式会社 コーポレートコミュニケーション部 平山 高敏さん
ぺんてる株式会社 商品開発本部 デザイン室 コミュニケーションデザイングループ 菊池 寛さん
ぺんてる株式会社 経営戦略室 ブランド企画課 田島 宏さん

【C】顧客との関わりを生み出す、発信基地としてのnote活用
株式会社トライバルメディアハウス 経営企画室/マーケティングチーム リーダー 亀井 大樹さん
株式会社トライバルメディアハウス 経営企画室/マーケティングチーム 秋元 祐花さん

【D】メディアが考える、オンライン上のコンテンツ発信術
株式会社 金子書房 代表取締役常務執行役員 金子 賢佑さん
株式会社 文藝春秋 文藝春秋digitalプロジェクトマネージャー 村井 弦さん

新規利用3ヶ月半額キャンペーン

note pro2周年を記念し、2021年2月1日〜3月31日までにnote proを新規でご契約いただく法人を対象に、新規利用3ヶ月半額キャンペーンを開催中です。


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

ありがとうございます。日常の小さな工夫も、すべてがクリエイティブ!
48
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。