新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

noteの月間アクティブユーザーが6,300万突破。法人利用も半年で倍増の1,600件に。

noteは2020年5月の月間アクティブユーザー(MAU※)が6,300万を超えました。新型コロナによる外出自粛要請が本格化した4月と5月に急増しています。会員登録数は260万人となり、1日に平均2.6万件が投稿される巨大なプラットフォームに成長しています。また、たくさんの方が利用する場所で自分たちのことを発信したい、社会との関係構築をしたいと考える企業や団体も増えたことで、累計1,600件の法人アカウントが開設されています。
※MAU:1ヶ月にnoteを訪問したアクティブブラウザ数

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、個人・法人、プロ・アマ問わず、クリエイターのみなさんが安心して使える場づくりをしていきます。

noteの最新状況

画像1

MAU2000万を超えた2019年9月末から8ヶ月でアクティブユーザーが3倍以上、増加しました。特に4月と5月の伸びが大きく影響しています。

ひとびとの生活や価値観に変化をもたらしたこの期間、大別すると以下のような記事が投稿されました。

1)医療従事者、感染者、専門家など新型コロナとの戦いの最前線にいる方のレポート

自分の経験や知識を社会に還元したい、社会に一石を投じたいとリアルタイムに投稿された記事がおおきな注目を集めました。

医療の現場から」(四谷三丁目さん)、「一人暮らしで新型コロナウイルスにかかった話」(ROさん)

2)自粛が始まったことで影響を受けたビジネス(飲食店、エンタメ、スポーツ選手など)の方

不要不急として自粛を余儀なくされてしまったことで、新しい取り組みをおこなったり、自分たちを改めてインターネット上で紹介したりする動きが見られました。

3)生活者の声

新しい日常に対応するために行なった工夫や、日々の記録、自分が応援したいものを紹介する記事が数多く投稿されました。

他にも、特別定額給付金や検察庁法改正案など、noteの投稿からマスメディアでの議論に拡大して社会への影響に発展するケースも出ています。また、投稿された作品が書籍化(2020年は6ヶ月で15冊が刊行)されたり、テレビドラマ化されたり、クリエイター自身がテレビに取り上げられたりするなど、発信することで、クリエイターの機会が広がっています。

画像2

noteの法人利用が急増

ブランディングやリクルーティング、顧客とのコミュニケーションの場など、さまざまな目的でnoteを活用している法人は約1,600件になりました。2019年3月から提供している法人プラン・note proの契約数もこの半年で倍増しました。

画像3

たとえばサッカークラブ・FC今治のnoteでは試合ができない期間も選手たちのインタビューや地元での挑戦の裏側を紹介。サポーターとの関係性をつなげています。エスビー食品のnoteは、暮らしがおおきく変わった方々の負担を減らせる簡単レシピなどを紹介されています。

学校や公共団体への無償提供も開始して用途拡大!

4月には政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の専門家会議で副座長を務める尾身茂氏を中心に最前線で対策にあたっている専門家有志の会のnoteの立ち上げを支援しました。ひとびとが最新の信頼性ある情報に触れて、行動変容を起こすことにつながると考えたからです。

その他、休校期間の長期化で子どもたちの「教育を受ける権利」が脅かされていることを受け、5月に学校へもnote proを無償提供しました。先生から児童・生徒への呼びかけ、教材の提供、学習成果の発表などさまざまな目的での利用を想定しており、N高を運営する角川ドワンゴ学園クラーク記念国際高校などで活用されています。

6月に地方公共団体へもnote proの無償提供を発表。コロナ禍で困っている地元の事業者や生産者の情報を自治体が取りまとめて発信したり、市民の声をあつめたりすることで、地域のつながりを深めて内外へ魅力を伝えることを想定しています。大阪府四條畷市では地元の事業者を支援するカタログサイトとして活用しています。

note proのオリジナル機能も拡充

2019年3月にnote proがローンチされてから、メディア運営を続けるための機能追加、サポート体制の強化など随時カイゼンしています。

画像4

画像5

社会的意義を果たすために

みんなが安心して楽しく使えるような活動も強化しています。ゴールデンウィーク前には、インターネットで発信するときに気をつけるべきことをまとめてクリエイターのみなさんに共有。また、誹謗中傷を未然に防止するために「コメント前にひと呼吸いれる確認画面」もつけました。

引き続き、デマの拡散防止、noteに集まる情報を社会に還元する取り組みも行っていきます。詳細は、こちらの記事をご覧ください。

7/10(金)20時〜 法人向け「公開カウンセリング」をオンライン配信

noteのCXO・深津貴之が、note proを利用する法人クリエイターがかかえる情報発信のお悩みに答えます。普段はカスタマーサクセス担当が個別で行なっていますが、1社でも多くの企業と知見を共有できる場にしたいと企画しました。ぜひご参加ください。



最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

やった!noteチームはともにクリエイターを支える仲間も募集中です。
262
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

プレスルーム
プレスルーム
  • 355本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281