プレスキット
見出し画像

プレスキット

note、cakes、コーポレートのロゴやサービス画面などをダウンロードいただけます。

note

ガイドライン

サービスロゴ

noteロゴタグライン付き

noteロゴグリーン背景タグライン付き

noteアイコン

全形式のダウンロードはこちら

スクリーンショット

noteトップページのスクリーンショット画像

全形式のダウンロードはこちら

サービス説明文

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約1500万件の作品が誕生。会員数は380万人(2021年3月時点)に達しています。

note pro

サービスロゴ

noteproロゴ

noteproロゴグリーン背景

全形式のダウンロードはこちら

サービス説明文

法人向け情報発信プラットフォーム。多くのひとが集まるnoteの街でメディアをかんたんにつくり、情報を届けることができます。「ブランディング」「リクルーティング」「ファンコミュニティ作り」「サブスクリプション」など目的はさまざま。届ける仕組みと充実したサポートで、企業がポジティブなユーザーとつながって関係を深めるお手伝いをします。

cakes

ガイドライン

サービスロゴ

cakesロゴタグライン付き

cakesアイコン


全形式のダウンロードはこちら

スクリーンショット

cakesトップページのスクリーンショット

全形式のダウンロードはこちら

サービス説明文

cakesは多数のクリエイターや出版社と提携しているコンテンツ配信サイトです。読者とクリエイターをより身近に結びつけることで、コンテンツとの新しい出会いの場を提供します。

cakesには無料で楽しめる記事もたくさんありますが、有料会員(週150円、月額500円)になるとすべての記事を好きなだけお読みいただけます。2012年9月にスタートし、現在の配信コンテンツは3万本以上にのぼります。

コーポレート

コーポレートロゴ

noteコーポレートロゴ

noteコーポレートロゴ

全形式のダウンロードはこちら

会社説明文

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、サークルでファンや仲間と交流したり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を紹介したり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。コンテンツ配信サイト・cakesも運営しています。

代表プロフィール

代表取締役CEO・加藤 貞顕(かとう さだあき)

加藤貞顕プロフィール写真

1973年新潟県生まれ。大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。アスキー、ダイヤモンド社に編集者として勤務。『英語耳』(松澤喜好)、『投資信託にだまされるな!』(竹川美奈子)、『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(藤沢数希)、『スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学』(吉本佳生)、累計発行部数280万部を記録した『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海)や、『評価経済社会』(岡田斗司夫)など、ベストセラーを多数手がける。
2011年にピースオブケイク(現:note株式会社)を設立。『ゼロ』(堀江貴文)、『ニコニコ哲学 川上量生の胸のうち』(川上量生)、『マチネの終わりに』(平野啓一郎)などの編集を手がける。2012年、コンテンツ配信サイト cakes(ケイクス)をリリース。2014年、メディアプラットフォーム note(ノート)をリリース。
note:https://note.com/sadaaki
※略歴(短縮版)
アスキー、ダイヤモンド社に編集者として勤務。『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海)、『ゼロ』(堀江貴文)、『マチネの終わりに』(平野啓一郎)など話題作を多数手がける。2012年、コンテンツ配信サイト cakes(ケイクス)をリリース。2014年、メディアプラットフォーム note(ノート)をリリース。

ほか、経営チームはこちら

オフィス写真

本社

note社のオフィス写真エントランス

note社のオフィス写真ワークスペース

note社のオフィス写真会議室

note place

note place写真ホール

note place写真ラウンジ

note place写真スタジオ

ダウンロードはこちら

会社概要

プレスリリース一覧

お問い合わせ先

取材のお問い合わせはフォームよりご連絡ください。

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」をもらったお礼に、note社のマスコットをご紹介。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。