マガジンのカバー画像

About

7
note株式会社の会社概要や沿革など、会社情報に関することをまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

会社概要

わたしたちは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・noteは、クリエイターのあらゆる創作活動を支援しています。クリエイターが思い思いのコンテンツを発表したり、メンバーシップでファンや仲間からの支援をうけたり、ストアでお店やブランドオーナーが商品を紹介したり、note proを活用して企業や団体が情報発信をしたりしています。 会社概要会社名:note株式会社(2020年4月7日 株式会社ピ

スキ
311

ミッション・ビジョン・バリュー

note株式会社では、会社がやるべき「ミッション」、それを経て実現したい「ビジョン」、そしてミッションを実現するための社員の行動指針である「バリュー」を以下のように定めています。 ミッションだれもが創作をはじめ、続けられるようにする。 インターネットの発展により、だれでも創作できる時代がやってきた。 しかし、創作のハードルは下がったが、続けることのハードルはかなり高い。必要なのは、楽しく作り続けること、伝わるべき人に届けること、それをビジネスにして生活の糧にすることだが

スキ
235

沿革

2011年12月8日 ピースオブケイク(現note株式会社)創業他企業のオフィスを間借りしていた最初のオフィス(渋谷区渋谷) 2012年2月/7月 資金調達 2012年2月 フェムト・スタートアップLLPを割当先とする第三者割当増資を実施 2012年7月 サイバーエージェント・ベンチャーズ(現:サイバーエージェント・キャピタル)を割当先とする第三者割当増資を実施 2012年9月11日 コンテンツ配信サイトcakesを開始記念すべき初めての投稿 cakes立ち上げの詳細

スキ
126

経営チーム

代表取締役CEO 加藤 貞顕 かとう さだあき 取締役CTO 今 雄一 こん ゆういち 取締役CFO 鹿島 幸裕 かしま ゆきひろ 執行役員 坂本 洋史 さかもと ひろふみ 執行役員CDO 宇野 雄 うの ゆう CXO 深津 貴之 ふかつ たかゆき 経営管理 吉島 彰宏 よしじま あきひろ 社外取締役(監査等委員) 渡辺 洋之 わたなべ ひろゆき 日本経済新聞社 常務取締役 デジタル事業担当 日経イノベーション・ラボ所長 社外取締役(監査等委員) 水野 祐 

スキ
89

プレスキット

noteやコーポレートのロゴ、サービス画面などをダウンロードいただけます。 noteガイドライン サービスロゴ 全形式のダウンロードはこちら スクリーンショット 全形式のダウンロードはこちら サービス説明文 note proサービスロゴ 全形式のダウンロードはこちら サービス説明文 コーポレートコーポレートロゴ 全形式のダウンロードはこちら 会社説明文 代表プロフィール代表取締役CEO・加藤 貞顕(かとう さだあき) ほか、経営チームはこちら オ

スキ
41

noteメンバーのコミュニケーションガイドライン

このガイドラインは、note社内の会議やSlackなどのオープンかつフラットな場をよりよくしていくためのものです。すべてのコミュニケーションは、noteのミッションである「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」の達成につながります。 以下、6つのバリューにそって、対話を重ねましょう。 クリエイター視点で考えよう ほぼすべての社内会議、Slackはだれでも閲覧できるオープンな場です。noteのメンバーはみんな、あなたにできないことを実現できるクリエイターでもあります

スキ
324

noteメンバーのソーシャルメディアガイドライン

noteでは、「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」というミッションのもと、ソーシャルメディアの活用も創作活動の1つだと考えています。このため、社員にもさまざまなソーシャルメディアの利用を推奨しています。 本ガイドラインは、noteの社員及びパートナーや関係者(以下、noteメンバー)が、ソーシャルメディアを安心して活用するための手引きです。このような指針を示すことは、フラットで多様性を大切にするプラットフォーマーとして必要なことだと考えています。 noteメンバ

スキ
139