幡野さん

cakesの大人気連載がついに書籍化!幡野広志さんの『なんで僕に聞くんだろう。』が幻冬舎から2月6日に発売!

コンテンツ配信サイトcakesの大人気連載「幡野広志の、なんで僕に聞くんだろう。」がついに書籍化されます。2月6日に『なんで僕に聞くんだろう。』が幻冬舎から発売開始です。本連載は、noteが主催した「第二回cakesクリエイターコンテスト」で幡野さんが入選したことをきっかけに始まりました。noteは、今後もクリエイターが創作を続けられる機会を提供していきます。

『なんで僕に聞くんだろう。』(幡野広志・著/幻冬舎)

「クリエイターと読者をつなぐサイトcakesで、2019年にもっとも読まれた連載」「1000万人が読んだ人気連載」が待望の書籍化!

「cakesで歴代ナンバー1のPVを獲得した記事」も収録。

「家庭のある人の子どもを産みたい」「親の期待とは違う道を歩きたい」「いじめを苦に死にたがる娘の力になりたい」「ガンになった父になんて声をかけたらいかわからない」「自殺したい」「虐待してしまう」「末期がんになった」「お金を使うことに罪悪感がある」「どうして勉強しないといけないの」「風俗嬢に恋をした」「息子が不登校になった」「毒親に育てられた」「人から妬まれる」「売春がやめられない」「精神疾患がバレるのが怖い」「兄を殺した犯人を、今でも許せない」……

なぜ彼らは、誰にも相談できない悩みを、余命数年の写真家に打ち明けるのか?

人生相談を通して「幡野さん」から届く言葉は、今を生きるすべての人に刺さる"いのちのメッセージ"だ。

cakes連載ページ

著者略歴 幡野広志さん
1983年、東京生まれ。2004年、日本写真芸術専門学校中退。2010年から広告写真家・高崎勉氏に師事、「海上遺跡」で「Nikon Juna21」受賞。 2011年、独立し結婚する。2012年、エプソンフォトグランプリ入賞。2016年に長男が誕生。2017年多発性骨髄腫を発病し、現在に至る。著書に『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』(PHP研究所)、『写真集』(ほぼ日)、『ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。』(ポプラ社)
Twitter:@hatanohiroshi note:https://note.com/hatanohiroshi

幡野広志さん コメント

公開を前提にしていないから、みなさんにお見せすることはできないけど、じつは相談者の方から7割ぐらいの割合で返信がきます。読んでいておもわず泣いてしまうこともあります。なんでぼくに聞くんだろう?と毎回おもっているけど、この連載をやっていてよかったなとおもう瞬間です。

幡野広志の言葉と写真展 開催

期間 2020年2月11日(火)- 2月16日(日)
場所 ほぼ日曜日(東京都渋谷区宇田川15-1 渋谷PARCO8階)
時間 10:00〜21:00
入場料 500円(税込)

cakes(ケイクス)

cakesは多数のクリエイターや出版社と提携しているコンテンツ配信サイトです。読者とクリエイターをより身近に結びつけることで、コンテンツとの新しい出会いの場を提供します。cakesには無料で楽しめる記事もたくさんありますが、有料会員(週150円、月額500円)になるとすべての記事を好きなだけお読みいただけます。2012年9月にスタートし、現在の配信コンテンツは2万本以上にのぼります。

iOSアプリ :https://itunes.apple.com/app/apple-store/id636423893
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.cakes

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」でわたしを元気にしてくれた、あなたもクリエイターの1人です。
85
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

プレスルーム
プレスルーム
  • 355本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。