見出し画像

Voicyの放送をnoteの記事に埋め込めるようになりました

メディアプラットフォームnote は2019年12月4日から、ボイスメディアVoicy の放送をテキスト記事の中に埋め込めるようになりました。noteも利用しているVoicyのパーソナリティが自分の番組を紹介したり、ファンのリスナーが好きな番組について語ったり、音声と文字の融合コンテンツがつくりやすくなります。

Voicyの放送の埋め込み

noteのエディタ画面にVoicyの番組URLをペーストするだけで、Voicyの放送がnoteの記事内に埋め込まれて、読者は記事を読みながら再生できます。

クリエイターは自分自身のVoicyの放送の裏話をnoteの記事にしたり、お気に入りのVoicyの放送をnoteで紹介したり。ファンのリスナーが放送の感想を投稿したり、おすすめ回を紹介したり。さまざまな方法で活用できます。

これによってnote内の音声のコンテンツが充実し、クリエイターの創作の幅をひろげ、noteを創作活動の拠点にしやすくできると考えました。

Voicyの放送の埋め込み方法

noteの「テキスト」投稿画面で、以下2つのいずれかの操作で埋め込めます。

・ 埋め込みたいURLをテキストエディタ内にペーストし、Enterボタンをクリックします。
・載せたい段落にカーソルを合わせます。「+」マークが表示されるので、クリックして「< >」を選択。埋め込みたいURLをペーストします。

※ 本機能は、PC・スマートフォンブラウザのみ投稿・閲覧が可能で、アプリは閲覧のみ可能です。現在埋め込み対応しているサービス一覧はこちら

Voicyでの「声のプレスリリース」

Voicy代表取締役CEO・緒方憲太郎氏とピースオブケイク代表取締役CEO・加藤貞顕がコラボを記念して、対談を行いました。ぜひお聞きください。

画像1

Voicy

ボイスメディア「Voicy」では、ビジネスの専門家やミュージシャン、インフルエンサーなどの「声のブログ」や、ニュース・天気予報のような情報、さらには事業会社のオリジナルチャンネルなど、250チャンネル以上をすべて無料で放送しています。活躍する個人パーソナリティのチャンネルに、上場企業を含むスポンサーがつくものもあり、声で活躍するパーソナリティが増えています。

株式会社Voicy

音声スタートアップ企業の株式会社Voicyは、1)ボイスメディア「Voicy」 の開発運営を行うボイスメディア事業、2)音声による企業のコミュニケーション課題の解決を行う音声ソリューション事業、3)IoT時代の未来の社会を担う音声インフラ事業を行う、音声市場・ボイステック業界のリーディングカンパニーです。「音声×テクノロジーでワクワクする社会をつくる」をコーポレートビジョンに掲げ、音声と技術で人と情報のあり方を変えて、人々の生活をより豊かにする事業をつくっています。

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

オフィスにはnoteから生まれた作品がたくさん並んでいます。
33
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

プレスルーム
プレスルーム
  • 355本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281