見出し画像

Clubhouseを使う社員のみなさんへ #オープン社内報

音声アプリ「Clubhouse(クラブハウス)」、盛り上がってますね!Android対応が待ち焦がれます。

最近社内でも、
「Clubhouseで話してほしい依頼を受けたけど、出てもいい?」
「そのときの注意点はある?」

という質問が増えてきたので、note社員のみなさんむけに推奨行為やルールをまとめてみました。

社内のCrowiにも記載しましたが、せっかくなのでオープン社内報として掲載します。

オープン社内報とは?
一般的には社員しか見ることのできない「社内報」をだれでも見られるように公開することで、会社の中の様子を感じとってもらう記事企画です。


前提:利用を推奨します

前提として、note社ではほかのSNSと同様に、Clubhouseの利用を推奨します

話題のサービスは積極的に試してみましょう。
そして、みんなが楽しんでいる理由やハマる心理を体感しましょう。

このガイドラインでは、積極利用するうえでオススメのことと注意点を記載します。

なお、流行り出したばかりのサービスなので、今後活用しながらアップデートしていく予定です。

個人でClubhouseをつかう場合

所属を公開するか、プライベート利用なのか決めよう
note社員という所属を公開して使うのか、完全に友達などとだけ話すプライベート利用かを決めましょう。それが決まれば、以下が決めやすくなります。

・プロフィール文章の内容
・連携させるSNSアカウント
・誰をフォローするのか

細かいコツについては、自称「Clubhouse沼の住人」こと、我らが徳力さんが詳しくまとめてくれています。

また、個人利用時のマナーについてはこちらの記事でわかりやすく紹介されています。


社員としてClubhouseをつかう場合

PRチームは定期的にnoteのクリエイターさんにお話をきくルーム「#noteハウス」を開催中ですし、2/15にはCTOやCEOも登場した「#noteエンジニアトーク」も開催しました。

また、個人でもCXO深津さんやCFO鹿島さん、ほかの社員メンバーもよくお話している状態です(社内のみんなをフォローしておくと通知がくるのでおすすめ!)。

このように、業務で使ったり、所属を公開したまま友達と話したり、「noteのひと」として突如ゲストスピーカーに呼ばれることもあると思います。

みんなで積極活用していきたいですが、そのときにオススメのことと、気をつけてほしいことをまとめました。

オススメ
・プロフィールに所属と職種を書くと、見知らぬひとにもだれが話してるのかわかりやすい

・プロフィール画像にnoteアイコン入れると、パッと見でnoteの人だとわかります。デザインチームが専用フレームを作成してくれたので利用してください。(ファイルの場所はCrowi参照)

・プロフィールの文章部分はよく見られやすいので、特に知ってほしいことを書くとよいです。自己紹介や次回話すルームの告知など。

・連携SNSからたどってどんな人かを見られやすいので、自分を知ってほしい場合は連携ONがおすすめ

ここは気をつけよう
・SNSのひとつとして、社員向けのSNSガイドラインを守りましょう。

・Clubhouseの利用規約では、ルーム内での会話内容を無断で録音したり、Twitterでの実況や開催レポートなどで外部にテキストで載せたりすることを禁止しています。もし後でnoteなどに書きたい場合は、事前にスピーカーのみなさんに掲載許可をもらいましょう。

・アーカイブは残りませんが、だからといって「ここだけの話」として秘密の情報や誰かの悪口などを言わないようにしましょう。インターネット上に発信する限り、オフレコは通用しません。

・Clubhouseで話しているときにnoteの話題になったとき、答えていい内容はCrowiの「PR」ページ記載の範囲で回答してください。

・話していい情報か自信がないときは、安易に答えないように。必要なら、あとでCrowiやPRチームに確認をして、SNSなどで回答したり質問者に個別にご連絡しましょう。

社員のみなさんが使ってみて感じた「こんなときはどうしたらいいの?」という疑問や、他の人のルームでの事例から「ガイドラインに加えてはどう?」という提案があれば、ぜひSlackの #PR チャンネルでおしえてください。

使いながらガイドラインもアップデートしていきたいと思います!


この記事が参加している募集

オープン社内報

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

note社のヒミツ2:社内にいるLOVOTがたまに迷子になります。
74
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。