マガジンのカバー画像

オープン社内報

108
一般的には社員しか見ることのできない「社内報」をだれでも見られるように公開することで、会社の中の様子を感じとってもらう記事です。
運営しているクリエイター

#オープン社内報

入社後、すぐに発揮するバリューの出し方

note で一緒に働く友のバリューを紹介する企画「#バリューバトン」。前回、紹介していただきま…

kimuko
7日前
25

「相談してよかった」と思えた上長の行動

noteに入社してから私が一番お世話になったのが、エンジニアの上長である木村さんです。エンジ…

megaya
1か月前
55

エンジニア目線で見る技術広報の貴重さ

note社のバリュー(行動指針)を体現する同僚を紹介する企画「#バリューバトン」。今月は技術…

note株式会社
2か月前
54

データ活用の文化を広げる!ワークショップをやってみた

データを正しく扱えば新しい道を切り開ける! そんな想いを持ち、noteでデータを活用しながら…

21

noteみんなで「データで登りたい山」という目標を作ったら登りきった話

noteでデータアナリストをしている中川です。noteは11月で期が終わり12月から新年度がはじまり…

masaru3n
2か月前
20

「#読書の秋2022」にさいして、note社メンバーにおすすめの本をきいてみました📖🍂…

自分が読んだり、みたりして「おもしろかったな」「好きだな」と思った作品を、みんなにおすす…

87

正直、あなたナシでは生きていけない…くらいにお世話になっているFinanceエンジニアチームへの愛を語る

こんにちは! note社オープン社内報のバトンを受け取りましたので、普段お世話になりすぎてエンジニアの皆様がお住まいの地域に足を向けて眠ることができないnote財務経理チームが担当いたします! オープン社内報とは? 一般的には社員しか見ることのできない「社内報」をだれでも見られるように公開することで、会社の中の様子を感じとってもらう記事企画です。 本日の担当:財務経理チーム いきなりですが、我々経理チームの人間は、お金の計算をすることは得意だけれどもPython、GAS、

とってもクリエイティブなnote社の経理チームを紹介します!

みなさま、こんにちは! note株式会社で総務を担当しております秋山です! 今回はなんと・・…

39

noteだからこそ、多様性のあるコンテストを──#オープン社内報

「noteから芥川賞を出したい」。2年前の社内インタビューで、そんな話をした。なんと大それた…

志村優衣
8か月前
156

自分のオンボーディングを自分でつくった話〜居場所を感じるオンボーディング〜

はじめまして。こんにちは。noteでプロダクトマネージャー(以下PdM)をしているじつぞん(@jitsu…

じつぞん
8か月前
89

クリエイター、社員、オフィスを繋ぐ総務チームの安定感

こんにちは!コーポレート ITの前田です。 note社のバリューに基づいて仲間の紹介をしていく…

maedanote.inc
9か月前
35

note社で社内コミュニケーションを活性化してみた

こんにちは、note 人事のねるです。 最近はだいぶ春の陽気で、東京も桜が開花したとのこと!…

ねる
10か月前
44

「人を動かす」には「コトに向かえ」

この「人を動かす」「コトに向かう」という単語にピンときた人はいますか? これは僕の言葉で…

95

note入社後に地方移住した社員に、フルリモート勤務について聞いてみた

フレキシブル出社制度を導入しているnote社には、地方に住みながらフルリモートで働いている社員もたくさんいます。 住む場所にとらわれずに仕事ができれば、ライフステージや家庭の事情にあわせて自由に働けるのでうれしいですよね。 また、自然豊かな環境で働けたり、その土地のおいしいものを食べられたりと、地方で働くメリットはたくさん。 でも、地方でフルリモート勤務をするには、やっぱり大変なこともあるのでは? そこで今回はオープン社内報として、note社へ入社後に地方に移住したメ