note株式会社

“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

【掲載情報】読書感想文投稿コンテスト #読書の秋2020 が各メディアで紹介されました

10月14日(水)〜11月30日(月)まで開催中の読書感想文投稿コンテスト「#読書の秋2020」について、各メディアで紹介されました。 読売新聞 文化通信 …

noteの書き方を相談する「合同カウンセリング」をnote社員が体験しました

創作を続けることって決して簡単じゃない。書くテーマがみつからなかったり、創作のための時間をつくれなかったり、思った反響を得られなくて心が折れてしまったり。そんな…

12の出版社とnoteで読書感想文投稿コンテストを初開催。青山ブックセンター本店・SPBSとのコラボで課題図書の店頭フェアも実施!

noteは、10月14日から12社(KADOKAWA、河出書房新社、幻冬舎、光文社、集英社、ダイヤモンド社、ディスカヴァー・トゥエンティワン、日経BP、早川書房、文藝春秋、ポプラ社…

突撃!リモートワークでnoteエンジニアが愛用するキーボードとその使い心地を聞いてみた

リモートワークになってから、仲間の働く姿ってなかなか見れないですよね。どんな服装なのか、机の上は綺麗なタイプなのか、雑然としているタイプなのか。オフィスではその…

【毎週水曜放送】テレビ東京系列ドラマパラビ『だから私はメイクする』にnoteが登場します

毎週水曜深夜0時58分放送、テレビ東京系列のドラマパラビ『だから私はメイクする』でnoteがドラマの一部に使用されます。 主人公の同僚・近藤芽生(志田彩良さん)が日々…

【掲載情報】潮11月号で田原総一朗さんとnoteCEO加藤が対談しました。

連載対談 ニッポンの問題点(35) 誰もが作家になれる「街」――noteの挑戦 加藤貞顕×田原総一朗 立ち上げ以来、成長を続ける「cakes」と「note」。 なぜ多くのクリエイ…