見出し画像

山本白湯さんのcakes連載が書籍化!『恋愛マトリョシカガール』が文藝春秋で4月14日に発売

note株式会社が運営するコンテンツ配信サイトcakesで連載中の、山本白湯さんのマンガ「恋愛マトリョシカガール」が、文藝春秋より『恋愛マトリョシカガール やさぐれ女とダメ恋女』として4月14日(水)に発売されます。cakesに掲載された1話〜16話に大幅加筆し、さらに描き下ろしの番外編を収録した一冊です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

『恋愛マトリョシカガール やさぐれ女とダメ恋女』

素顔の自分で、愛されたい――。

気が強めの美人で「モテる」女、美央。しかしアプローチしてくるのは、料理を作っても「けっこうやるじゃん」、風邪を引いて助けに来てほしいのに「えー? 行ってほしい?」、あげく「顔はかわいいのに、性格はかわいくないよな」と平然と言い放つ、勝手な男たち。仕事もまじめにしているし、まともな男性と付き合いたいのに、どうしてこんな男ばかりなのか。恋愛ってこんなに、嫌なものなの……? そんな美央の前に、これまで会ったことのないタイプの穏やかな「いい人」、ヒロさんが現れて――。

一方、美央と同じ職場で働く理恵は、ゆるふわな見かけによらず、腹のうちにドス黒い感情をため込んでいる。そんな彼女がある日出会った、優しくて大切にしてくれる、デザイナーの完璧イケメン・あやと。しかしそんなあやとのもう一つの顔に接して、理恵の「シアワセ」はほころびはじめる……。

ダメ恋に傷ついても、何度でも立ち上がる女子たちのリアルな横顔。恋愛の機微を生々しく描き出す、山本白湯さんの最新刊です。

著者・山本白湯さん

メガネ、巨乳好き。著書に、才あるオタサーの姫とサークル仲間の群像劇を描いた『姫と騎士たち』(KADOKAWA)がある。AMにて「ときめき漫画倶楽部」連載中。Boothにて同人誌『かわいい女』発売中。
note:https://note.com/yamatama2018 Twitter:@yamatama2018

著者・山本白湯さんのコメント

「恋愛マトリョシカガール」書籍化が決定しました! これもいつも応援してくださっている皆様のおかげです……。ありがとうございます!

本書では美央編と理恵編が収録されています。ちょっとした挿絵と、美央と理恵の「その後」を綴った描き下ろしエピソードも収録していただきました。表紙も可愛く作っていただけたので、是非是非お手に取ってみてくださいませ!

書誌情報

恋愛マトリョシカガール_WEB用書影帯アリ

書名:恋愛マトリョシカガール やさぐれ女とダメ恋女
著者:山本 白湯
発行:文藝春秋
定価:1,000円+税
ISBN-10:416391353X
ISBN-13:978-4163913537
版型:A5判
頁数:176頁

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

noteは、2014年4月7日に生まれました。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。