note CREATOR FESTIVAL #noteフェス 今年も開催決定!体験型プログラムを増やし、身近な創作をみんなで楽しむ祭典に。
見出し画像

note CREATOR FESTIVAL #noteフェス 今年も開催決定!体験型プログラムを増やし、身近な創作をみんなで楽しむ祭典に。

9月14日(火)更新:3つのトークセッションと2つの体験型プログラムを追加発表!谷尻誠さん、田中元子さん、岸田奈美さん、高林淳一さん、岡田悠さん、砂漠さんの出演が決定しました。

noteは10月15日(金)〜17日(日)の3日間で、”創作”の輪を広げる祭典「note CREATOR FESTIVAL」(以下、noteフェス)を開催することを決定しました。本イベントへの視聴申し込みとnoteフェスレポーターの受付を、本日からスタートします。

今年のテーマは「創作でつくる私の未来」。note内に限らずあらゆる場で活躍しているクリエイターによるセッションに加え、体験型プログラムを昨年以上に増やし、視聴者がみんな一緒に創作にチャレンジできる場にします。また、noteフェスを一緒につくり上げる「noteフェスレポーター」を、本日から募集します。

▼視聴お申し込み

▼noteフェスレポーターの受付

【報道関係者様】取材お申し込み

開催背景

昨年9月、私たちは創作を楽しむすべての人のためのお祭りとして、「つくると、つながる!」をコンセプトに、noteフェスを初開催しました。登壇者や視聴者の一部はnote placeに集まり、全国の人々がオンラインで参加しました。結果、事前申込みが5,732人、最高同時視聴数1,800人、配信映像は累計36万回以上再生され、多くの人が創作の楽しさに触れる機会をつくることができました。

あの頃想像していたよりも長く続くステイホームで、引き続き創作は私たちの心を癒しています。だれかが創作した作品を楽しむのはもちろん、自ら創作することで日々を楽しんでいる人も増えています。日記で気持ちをつづったり、料理にひと工夫を加えたり、自分の生き方にフィットするモノを選んだり。身近な創作を楽しむ私たちは、だれもが「クリエイター」です。今回のnoteフェスが自ら創作にチャレンジするきっかけとなればと思い、昨年より体験型プログラムを増やしての開催を決めました。

▼昨年の様子

去年のnoteフェスの会場の写真

去年のnoteフェスの配信中の写真

開催概要

開催日時  10月15日(金)〜17日(日)
開催場所  note place(東京都渋谷区神宮前3-1-30 Daiwa青山ビル 2F)
視聴方法  オンライン ※一部コンテンツは人数を限定して来場者を募ります
参加費   無料
公式サイト https://creatorfes.lp-note.com/

プロジェクトチームへの取材、各セッション、イベントの当日取材をぜひご検討ください。セッション、イベントは現地での取材も可能です。

セッション

暮らしをデザインする
時間:10月15日(金) 20:00〜20:50
登壇者:建築家/起業家・谷尻誠さん、株式会社グランドレベル 代表取締役社長・田中元子さん

夢を叶えるための文章表現
時間:10月16日(土) 13:00〜13:50
登壇者:ウェルズリー大学・山邊鈴さん、noteディレクター・中野麻衣子

自分が「ほしい未来」のつくり方
日時:10月16日(土) 16:00〜16:50
登壇者:MPower Partners Fund ゼネラルパートナー/翻訳家・関美和さん、レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役会長兼社長/最高投資責任者(CIO)・藤野英人さん、note株式会社 CEO・加藤貞顕

創作を続けるということ
時間:10月16日(土) 17:00〜17:50
登壇者:作家・岸田奈美さん、編集者・高林淳一さん、noteディレクター・志村優衣

スポーツ実況という創作
時間:10月17日(日) 14:00〜14:50
登壇者:フリーアナウンサー・倉敷保雄さん、フリーアナウンサー・下田恒幸さん、noteディレクター・塩畑大輔

日常を冒険に変える7つの方法
時間:10月17日(日) 15:00〜15:50
登壇者:会社員兼ライター・岡田悠さん、限界労働OL・砂漠さん、noteディレクター・志村優衣

「創作の街」のいま
時間:10月17日(日) 16:30〜17:20
登壇者:note CEO・加藤貞顕、note CXO・深津貴之

※ほかにもセッションを企画中!最新情報は公式ページをご覧ください。

体験型プログラム

リモート疲れに簡単60秒トレーニング
講師:パーソナルトレーナー・鈴木孝佳さん

秋の味覚レシピ教室
登壇者:作家/料理家・樋口直哉さん、料理家・今井真実さん

#noteフードマーケット

マイクラでつくる理想の街

※ほかにも参加型イベントを企画中!最新情報は公式ページをご覧ください。

noteフェスレポーター

noteフェスを一緒につくり上げてくれる「noteフェスレポーター」を募集します。イベントへの感想や実況も「創作」のひとつ。準備の段階から参加して、当日はnoteでの記事化やTwitterでの実況、グラフィックレコーディング、音声配信など、自分の得意なやり方で、noteフェスを盛り上げていただきます。今年のnoteフェスは参加型で、みんなが一緒に盛り上がれることを大切にします。


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

noteは、2014年4月7日に生まれました。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。