見出し画像

クリエイターがECサイトで販売する商品をnote上で一覧表示できるようになりました

noteはクリエイターがECサイトで販売している商品を、自分のnote上で一覧表示できる「ストア」機能の提供を2月25日より開始します。今回はECプラットフォーム「STORES」、「minne byGMOペパボ(以下、minne)」、「BASE」の3サービスと連携。いずれかのプラットフォームで商品を販売しているクリエイターは、自分のnoteに商品を一覧表示するページをつくることができます。連携するパートナーは要望がありしだい、随時拡大していく予定です。
※BASEは3月下旬より対応

「ストア」機能とは

画像2

クリエイターがnote上に、ECサイトで販売している自分の商品を一覧にしたページを設置できます。2月25日からは「STORES」と「minne」、3月下旬からは「BASE」と連携。いずれかのプラットフォームで商品を販売しているクリエイターが「ストア」機能を使えるようになります。今後も連携できるECプラットフォームの仲間を増やしていく予定です。

「ストア」機能を提供する背景

noteはあらゆるクリエイターの本拠地となることを目指しています。そのため、テキストだけではなく、イラスト、マンガ、映像、写真、音楽など、あらゆるジャンルの作品をnote上で表現していただけるようにカイゼンを重ねています。「ストア」機能では、自分自身で商品をつくり販売しているクリエイターが、noteで商品を紹介したりその商品のストーリーをnoteに投稿したり、さまざまな使い方で商品の認知向上やファンコミュニティの醸成に役立てていただくサポートをします。

これまでもnoteでは、連携しているECプラットフォームの商品URLを埋め込むと、note上で店舗名、商品名、価格、商品画像がカード形式で埋め込まれる機能「note for shopping」を提供してきました。また、12月には「ストア」機能の先行対応として、オンラインストア「MUUU」と連携。noteでも活躍する3人のクリエイター、かっぴーさんまめさん吉本ユータヌキさんに参加していただき、オリジナルグッズの販売を行っています。今回の「ストア」機能は、さらに多くのクリエイターが自分の商品を紹介しやすくするための一歩となります。

ピースオブケイク代表取締役CEO・加藤貞顕からのコメント

画像6

noteのミッションは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」というものです。文章を書いたり、絵を描いたり、写真を撮るひとだけではなく、自分の商品を販売するひとも創作者だと私たちは考えています。この機能によって、販売者の方が、自分たちの想いをより伝えることができるようになり、商品を広く届けられるようになることを願っています。今回は3つのECサイトと連携いただくことができました。引き続き、クリエイターのサクセスに邁進していきます。

ピースオブケイクCXO・深津貴之からのコメント

画像7

ECサイトでの販売は、ストアオーナーによる想いやストーリーの発信が今後ますます重要となります。私たちは今回のストア機能を皮切りに、よりECサイトやオーナーが情報発信をしやすくなるよう支援していきたいと考えています。今後は、ECサイト側で自分のnote記事を表示したり、各社のアプリの中に記事が配信できるよう検討しています。noteはECサイトの情報発信を積極的に応援いたします。

EC市場、D2C市場とnoteの関係

日本国内の消費者向けEC市場規模は2018年に18.0兆円(前年比8.96%増)となり、毎年拡大。商取引におけるECの占める割合(EC化率)も毎年増加しています(※)。

日本のBtoC-EC市場規模の推移(単位:億円)

中でも、インターネットが普及し、ECサイトも手軽につくれるようになったことで注目を集めているのが、ブランドが顧客と直接取引をおこなうD2C。D2Cブランドは商品自体だけでなく、世界観やストーリーを丸ごと顧客に伝えることでファンを獲得しています。

noteの街には多くのD2Cブランドが集まってきています。noteではただ商品を販売するのではなく、ブランドの世界観、ストーリーを語ることができるからです。「ストア」機能をはじめnoteの「お店」に関する取り組みは、D2C市場を牽引するクリエイターをサポートし、業界のさらなる活性化に貢献します。

※出典:経済産業省「2018年度電子商取引に関する市場調査」

連携するECプラットフォーム

STORES

STORESは、本格的なネットショップが、誰でも簡単に作成できるサービスです。ショップのこだわりを表現する高いデザイン性と、はじめてでも分かりやすい操作性、販売スタイルに合わせたシンプルな料金プランをご用意。毎月約1万店のショップが誕生しています。

クリエイターのストアタブ例

画像3


storeタブ 事例 - LIGHT UP COFFEE

minne

minne(ミンネ)は、ハンドメイド作品を「買いたい人」と「売りたい人」をつなぐ国内最大のハンドメイドマーケットです。minneにはアクセサリーやステーショナリー、生活雑貨、食品など1000万点を超えるハンドメイド作品が展示・販売されています。「売りたい人」には自身の作品を発表し販売できる場を、「買いたい人」には一点ものや個性豊かなアイテムとの新しい出合いを、それぞれ提供しています。

クリエイターのストアタブ例

storeタブ 事例 - momokaさん

画像4

BASE

「BASE」は誰でも簡単にネットショップが作成できるサービスです。導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテーマなどネットショップの運営に必要な機能を備えており、費用やWeb技術、時間などのさまざまな理由でこれまでネットショップをはじめることが困難だった方も、気軽に始めることができます。現在90万(2020年2月現在)を超えるブランドが「BASE」を利用してネットショップを運営されています。

お題企画「#私のお店」

自身の商品を販売するクリエイターを応援する「ストア」機能に連動して、noteで「#私のお店」に関する投稿を募集します。書く内容はお店やブランドの自己紹介、ものづくりの裏側、お店づくりのこだわりなど自由。コラムやエッセイ、マンガ、イラスト、写真など形式は問いません。noteで記事を書き、ハッシュタグ「#私のお店」をつけて投稿することで応募ができます。

ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社

ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は個人やスモールチームがこだわりや好きを突き詰めた活動を続けられる世の中を目指し、本格的なネットショップが誰でも簡単に作成できるサービス「STORES」を運営しています。

GMOペパボ株式会社

GMOペパボ株式会社は、「もっとおもしろくできる」という企業理念を掲げ、「インターネットで可能性をつなげる、ひろげる」というミッションのもと、レンタルサーバー「ロリポップ!」やネットショップ開業・作成サービス「カラーミーショップ」、国内最大のハンドメイドマーケット「minne」、オリジナルグッズ作成・販売サービス「SUZURI」など、個人から法人まで幅広い層に向けたインターネットサービスを多数提供しています。場所や時間、背景にとらわれず、多くの人がインターネットで可能性を開花し、活躍できる環境の創造を目指しています。

BASE株式会社

「Payment to the People, Power to the People.」をミッションに、決済の簡易化に取り組んでいます。個人やスモールチームがクレジットカード決済やキャリア決済、後払い決済をはじめ多様な決済手段をできる限り簡易に導入できる環境や、資金調達をよりスムーズに実施できる環境をつくり、Eコマースプラットフォーム「BASE(ベイス)」を通じて世界のすべての人に、自分の力を自由に価値へと変えて生きていけるチャンスが届くよう寄り添います。

オフィスにはnoteから生まれた作品がたくさん並んでいます。
52
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

この記事が入っているマガジン

プレスルーム
プレスルーム
  • 334本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281