見出し画像

自社サービスをnoteの記事へ埋め込めるようになりました!

noteの記事にサービスを埋め込むための開発ガイドラインを7月29日に公開しました。これにより、クリエイターにとっては表現の幅が広がり、埋め込みの対応をされるサービス運営者にとっては自社サービス活用の幅が広がります。

第1弾として、音声配信ソーシャルアプリ「REC.」に対応いただきました。noteは、ほかのサービスとも協力しながら、より自由な創作の場へと発展させていきます。

※埋め込みいただけるのは、開発ガイドラインや利用規約に沿ったサービスにかぎります。

開発ガイドラインの公開背景

noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」ために、あらゆる創作活動ができる、クリエイターの本拠地をめざしてサービス運営をしています。ウェブの詳しい知識がない方でも使いやすい編集画面に加えて、動画や音声、SNS、ECプラットフォームの商品、マップ、スライドなど多種多様なサービスを記事内に埋め込める機能の開発をしてきました。

※すでに埋め込み対応しているサービス一覧

noteへの埋め込みに対応してほしいという問い合わせをサービス運営者から頂く機会も増えていました。手続きを標準化して、さらにさまざまなサービスがnoteと連携をしやすくなるように、実装手順を公開します。

noteのクリエイターがサービスに関連した記事を書きやすくなることで、各サービスコミュニティの活性化にも貢献します。

第1弾は音声配信ソーシャルアプリ「REC.」が対応

開発ガイドラインにそった埋め込みの第1弾として、UUUM社が提供する「REC.」に対応いただきました。「REC.」のURLを埋め込むと、下記のように表示されます。

REC.の埋め込みカードをクリックすると、音声がnoteの記事上で直接再生できたり、REC. への投稿にアクセスできたりします。このように、サービス提供者がデザインや表示項目を決めて開発いただけるので、サービスの魅力がnote上でそのまま再現されます。

申請から実装までの手順

画像1

1.仕様の確認 : ヘルプページで公開している開発ガイドラインで、技術仕様と注意事項をご確認ください。
2.フォーム申請 : 申請フォームから、サービス概要と埋め込みデザインをお知らせください。note運営チームで内容を審査して、担当より結果をご連絡します。
3. 機能開発 : 審査を通過されたら、機能開発を進めてください。
4. 実装の連絡 : 機能が実装されましたら、担当までお知らせください。該当URLがnoteに埋め込まれるように設定いたします。

くわしい手順は、開発ガイドラインにまとまっていますのでご確認ください。

note CXO・深津貴之のnote


音声配信ソーシャルアプリ「REC.」について

「声でつながる、声でひろがる。」

誰でも配信者として簡単な操作で録音・配信でき、また、リスナーとして音声コンテンツを楽しんだり、興味のある音声コンテンツを見つけてフォローしたり、コミュニケーションもできる、音声コンテンツならではの気楽さで幅広く楽しめるアプリです。


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

note社のヒミツ1:じつはnoteのノートがあるんです。
58
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

プレスルーム
プレスルーム
  • 411本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281