見出し画像

正直、あなたナシでは生きていけない…くらいにお世話になっているFinanceエンジニアチームへの愛を語る

note株式会社

こんにちは!
note社オープン社内報のバトンを受け取りましたので、普段お世話になりすぎてエンジニアの皆様がお住まいの地域に足を向けて眠ることができないnote財務経理チームが担当いたします!

オープン社内報とは?
一般的には社員しか見ることのできない「社内報」をだれでも見られるように公開することで、会社の中の様子を感じとってもらう記事企画です。
本日の担当:財務経理チーム

いきなりですが、我々経理チームの人間は、お金の計算をすることは得意だけれどもPython、GAS、SQL、HTML云々の技術的なことは大変苦手な人種でもあります。
(注:皆が皆そういうわけではないのですが、筆者の主観としてそう思っているだけ)

一方で、「大量のデータを集約し、素早く正確に資料に落とし込まねばならぬ」というタスクも抱えており、結果として「エクセル関数をゴリゴリに組んで力技で資料を作り上げるぜ!」というルーティンから抜け出せていない面もあることに課題を感じていました。

#経理DX が謳われている現代において、我々財務経理チームもなんとか時代の波に乗って効率的に業務をこなしたい…!と考えていた折に、我々の目の前には救世主が…

その名も「Financeエンジニアチーーーーームーーーーー!!!!」

Financeエンジニアチームの皆様は、noteをご利用のクリエイターの皆様にお金の面で安心安全便利にnoteを利用いただける環境を整えてくださるスーパーチームです。
例えば、2022年3月にはnoteの有料コンテンツを「PayPay」で購入できるようになりましたが、その実装をご担当されたのもFinanceエンジニアチームの皆様です。

そんなスーパーな皆様ですが、
財務経理チーム:「秘伝のタレに漬け込んでゴリゴリ手作業で集計しているエクセルデータがあるんです。手作業で毎月3時間くらい時間がとられるのでなんとかしたい…」と相談にいくと、
スーパーチーム:「なるほど!ではこんな条件でSQL組んでみたんで、うまく集計できてるか確認してみてくださいね!」となんとも鮮やかに我々を問題解決へ導いてくださいます。

Financeエンジニアチームの皆様のご協力のおかげで、従来手作業で集計・資料作成していた時間が約半分ほど削減されたといっても過言ではありません。本当にありがとうございます!(何度でも言いますが、皆さんのお住まいの地域には足を向けて寝られません!!)
こうしてスーパーな方々に支えられながら、財務経理がより正確に業務を実行していくことが、ゆくゆくはクリエイターの皆様の安心安全へと繋がっていったらいいなと感じております。
クリエイターの皆様が安心してnoteをご利用いただけるよう、縁の下のちから持ちとしてこれからも精進して参りますので、宜しくお願い致します!!

ということで次回のオープン社内報は、スーパーチームことFinanceエンジニアチームの皆さんにバトンを渡したいと思います!次回のオープン社内報もお楽しみに:)


今回のバリュー

クリエイター視点で考えよう / Creator First
note株式会社の事業の原点はクリエイターにあります。note株式会社のメンバーは、創作にかかわるすべてのひとと対話しながら、作品をつくること、つなげること、とどけることを手助けする方法を考えて実行します。

クリエイティブでいこう / Be Creative
クリエイティブというのは、ある状況に対して、前向きに楽しく問題を解決しようとする姿勢を指します。どんなに困難に見える課題でも、クリエイティブに解決する糸口は必ずあります。note株式会社のメンバーはそれを追い求めます。

おおきな視点で考えよう / Think Big
さまざまな課題に出会ったときに、短期的なことにとらわれずに、長期的な視点と顧客視点を持って、大きな視点で考えるようにします。売り上げも利益も、サービスに持続可能性をもたらす燃料にすぎません。自分自身と、家族、友人、そして社会に誇れる仕事をしよう。

この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!