note株式会社
noteの記事編集機能が大型アップデート!9ヶ月のベータ期間と利用者フィードバックを基に、幅広い用途で使えるドキュメントツールへ進化
見出し画像

noteの記事編集機能が大型アップデート!9ヶ月のベータ期間と利用者フィードバックを基に、幅広い用途で使えるドキュメントツールへ進化

note株式会社

メディアプラットフォームnoteは、4月12日に記事編集機能を大型アップデートしたことをお知らせします。表現力や操作性が向上した、幅広い用途で使えるドキュメントツールです。

新たな記事編集機能として、19の主要機能を追加。これらの機能は、2021年7月から約9ヶ月のベータ期間(試運用期間)に頂いた1,000件以上の利用者フィードバックを基にアップデートを重ねて搭載しました。これまではベータ版モードを選択した場合のみ新バージョンを利用可能でしたが、本日、全ユーザーの記事編集機能が新バージョンへと切り替わります※1。

今後もよりよいサービスを提供するため、引き続きフィードバックを募集しアップデートを続けていきます。


noteでは、記事編集機能を顧客体験を左右する最重要機能として位置づけ、2014年のサービス開始から使いやすさを重視して開発を進めてきました。noteクリエイターへの調査の結果、86%の方が「誰もが気軽に利用できる」サービスとしてnoteを認識しています※2。

利用者はnoteで作品を発表するだけでなく、下書き保存機能を活用した自分用のメモや、記事の読みやすさを活用したプレゼンテーションツール、作家が執筆するときの草案を書き溜めておく場所など、幅広い用途で記事編集機能を利用してきました。今回、幅広い用途に対応できる新機能を追加したことでドキュメントツールとして進化します。

※1 noteでは、テキスト、画像、つぶやき、音声、動画の5種からクリエイターが好きな手法を選んで投稿できます。今回、テキスト投稿時の記事編集機能を大型リニューアルしています。なお、今後しばらくの間は、旧バージョンに切り替えて利用することも可能です。

※2 noteが、2022年9月以降に5記事以上投稿したことがあるクリエイター577人を対象に2022年2月24日~3月6日で実施したNPS調査結果より

幅広い用途をサポートする19の新機能

表現力の拡充

  • 小見出し

  • 箇条書き/番号付きリスト 

  • 右寄せ

  • 取り消し線 

  • 出典の記載 

  • 区切り線

  • ルビ(ふりがな)

  • 改行と段落替えをスムーズに

新機能の活用事例イメージ

画像操作をしやすく

  • 複数画像の一斉アップロード

  • ドラッグ&ドロップで見出し画像をアップロード

  • 画像の代替テキスト(alt属性)設定

  • 画像の説明文(キャプション)

書きやすさ向上

  • Markdownショートカット

  • ドラッグ&ドロップでテキスト・画像・各埋め込み要素を移動

  • スタイルを保持してコピー&ペースト

  • 公開設定画面の全画面表示

  • テキストに埋め込んだURLを編集中に表示

  • 複数デバイスで同時編集したとき競合する下書きを提示

  • キーボードショートカット

各機能の詳細は、以下の記事をご参照ください。

利用者フィードバックを基にした新機能公開プロセス

開発チームは段階的な機能提供をおこない、都度、利用者からのフィードバックを基に機能改善を重ね、顧客体験をより向上させる形での大型アップデートを目指してきました。

段階的な機能提供として、2021年7月7日にnoteプレミアム会員向けにブラウザ版のみ新機能を公開、11月8日にnoteプレミアム会員のiOS・Androidアプリ版にも公開、そして、11月25日に全ユーザー向けに公開しました。

初期から利用者からの感想や要望、不具合報告を募集するフィードバック受付フォームを開設し、noteやTwitterでも新機能を利用して書かれたnoteの記事には「#note新エディタ 」のハッシュタグが付くよう設定し、SNSでの意見も常にモニタリング。フィードバックフォームに届いた声は1,028件(2022年4月11日時点)、「#note新エディタ」のハッシュタグがついたnote記事は約8,300件、Twitter投稿は約3,900ツイートにのぼりました。






みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

ありがとうございます。日常の小さな工夫も、すべてがクリエイティブ!
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。