noteが『Ruby biz Grand prix 2021』でDigital Media賞を受賞しました
見出し画像

noteが『Ruby biz Grand prix 2021』でDigital Media賞を受賞しました

note株式会社

noteは、プログラミング言語「Ruby」を活用したITビジネスコンテスト『Ruby biz Grand prix 2021』においてDigital Media(デジタルメディア)賞を受賞しました。

Ruby biz Grand prix 2021とは

Ruby biz Grand prixは、プログラム言語「Ruby」を活用して、ビジネスの領域で新たな価値を創造し、今後の発展が期待できるサービスや商品を表彰するグランプリ。第7回開催となる『Ruby biz Grand prix 2021』は、ニューノーマル時代の新しいライフスタイルをより豊かにする様々なサービス・商品、25事例の中から有識者で構成される審査委員会において審査が行われました。

主催:Ruby bizグランプリ実行委員会事務局(島根県商工労働部産業振興課情報産業振興室)

<審査ポイント>
・事業の成長性と持続性
・Ruby の関わり方
・事業の社会的な影響度(事業の実効性・インパクト)
・その他独自の特色ある事項、アピールポイント

Digital Media賞とは

メディアの分野において、幅広い年代やジャンルのユーザーが楽しめる、社会的インパクトの高いサービスを展開している企業に与えられる賞

note株式会社 エンジニアリングマネージャー 福井 烈の受賞コメント

わたしたちは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。」をミッションに掲げ、クリエイターが創作に専念できるメディアプラットホームをつくっています。

今日をひとつの通過点として、今後もRubyを活用しnoteの成長を加速させるとともに、エンジニア一同Rubyの発展に寄与できればと考えております。

Rubyを活用している職種の採用情報


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

オフィスにはnoteから生まれた作品がたくさん並んでいます。
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。