noteのコンテスト、クリエイターの応募作品数が累計15万件を突破!11月はパナソニック、羽田空港、ブリヂストンが協賛する3つのコンテストを同時開催します
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

noteのコンテスト、クリエイターの応募作品数が累計15万件を突破!11月はパナソニック、羽田空港、ブリヂストンが協賛する3つのコンテストを同時開催します

noteが提供する、企業協賛のコンテストへの累計投稿件数が15万件を突破しました。コンテストはnoteのクリエイターから投稿をつのる企画で、これまでに37回開催。企業やブランドの存在意義(パーパス)を軸に、ひとびとが考えるきっかけとコンテンツをnote上で生み、協賛企業にとっても思いがけないインサイトを見つけます。noteはコンテストを通じて、クリエイターが見出される機会を増やしています。11月はパナソニック、羽田空港(日本空港ビルデング)、ブリヂストン協賛で3つのコンテストが同時開催されます。

協賛にご興味のある方のお問い合わせはこちら

コンテスト 概要

企業協賛のコンテストは、クリエイターの力を借りたい企業と評価の場をもとめるクリエイターが出会う場所です。そこで見つかる思いがけないインサイトから、あたらしいサービスや商品、クリエイティブが生まれる可能性も秘めています。企業がnoteで独自のお題を提示して入賞者の選定まで行うスタンダードプランと、noteが実施しているお題企画に協賛するライトプランの2種類があります。

スクリーンショット 2020-11-09 17.20.50

※コンテストへの導線

コンテスト_投稿

※記事の投稿画面で、ハッシュタグをつけて応募

コンテストの開催期間中はnoteのトップページや特設ページにコンテストへの導線をはり、協賛企業やブランドの認知向上にもつなげます。noteのクリエイターは応募を通して自分の作品がひとびとの目に触れる機会が増えたり、共通のテーマのもと応募者同士でつながったり、仕事の獲得につながる可能性もあります。

コンテストの開催にあたっては、企業やブランドが大切にしている世界観やストーリー、発信したいメッセージをnoteがお預かりします。そしてクリエイターの創作のきっかけとなり、より多くの方が参加できるテーマに変換して投稿をつのります。コンテスト期間終了後に、協賛企業と審査員で応募作品から入選作品を選出します。

協賛にご興味のある方のお問い合わせはこちら

現在開催中のコンテスト

1:スタンダードプラン

スタンダード1

羽田空港

やさしさにふれて

2:ライトプラン

ライト1

スクリーンショット 2020-11-10 6.26.16

過去コンテスト開催企業・ブランド 一例

アシックス、味の素冷凍食品、いい部屋ネット(大東建託)、キリンビール、こくみん共済 coop、午後の紅茶(キリンビバレッジ)、土屋鞄製造所、日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム(日本財団)、ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス)、freee、マウスコンピューター、ミルボン、明治ブルガリアヨーグルト(明治)、LINE証券、LINE MUSIC 等
※敬称略、50音順

過去にコンテストへ協賛した企業の声

freee株式会社 コメント

コンテストへ協賛した目的は2つ。「freee」を知ってもらうきっかけにすることとブランディングです。「スモールビジネスを、世界の主役に。」という会社の価値観やミッションをコンテストを通じて伝えたいと考えました。

#はたらくを自由に」では1万4,000件以上の投稿が集まり、さらにそれがTwitterで拡散されました。私たちがプロモーションで見せるよりも、応募者の方の作品がきっかけになって、私たちの製品を知ってもらう。予想外の議論が生まれたり、未知のところが、ある意味、体験を作る強さ、ユニークさになってクリエイターと一緒に作っている感覚でした。ミッション自体も社内では浸透していますが、対外的にはあまり出していなかったので、私たちが目指している世界をはじめて見てもらえて、すごく良かったです。

コンテストの提供価値

企業やブランドにとって、コンテストは一般的な広告企画のように商品単体の一方通行ではなく、共感を軸にしたコミュニケーションを図れるものです。noteのクリエイターとひとつのテーマ(企業が提示するお題)でつながって、書き手と読み手がじっくり考え、共感の輪や対話を生むことを促します。

市場の飽和やSDGsの推進、新型コロナによる大きな社会変化を受け、ひとびとが「自分にとって必要なもの」を選びとる傾向が高まっています。提供するブランドや企業の存在意義が自分の価値観と合っているのかを重視するようになり、2020年2月の消費者庁の調査でも「エシカル消費につながる商品・サービス購入の意向がある人」が81.2%と4年前から19.4%増加しています。また一方的な情報発信だけでなく、受け手の消費者を企業活動に巻きこめるような余白がヒット商品や支持される企業に共通しています。

noteは月間アクティブユーザーが6,300万にのぼり 、毎日2.6万件以上の記事(2020年5月時点)が投稿されるプラットフォームです。ひとびとの表現活動や日常のインサイト、知見が投稿される特性を活かして、コンテスト形式で作品を募集して表彰する企画を2015年から行っています。

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

note社のヒミツ2:社内にいるLOVOTがたまに迷子になります。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。