【掲載情報】日経ビジネスの『若手経営者が明かす、30代までに学ぶ「ビジネスの流儀」』にCEO・加藤が登場しました
見出し画像

【掲載情報】日経ビジネスの『若手経営者が明かす、30代までに学ぶ「ビジネスの流儀」』にCEO・加藤が登場しました

「仕事を通じて『欲しい未来』を作る」

“もしドラ”の略称で、280万部を記録した大ベストセラーになった『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著)。書籍の編集を担当して社会現象を巻き起こした加藤貞顕氏は今、note(東京・港)というスタートアップを率いている。お笑い芸人や川崎フロンターレ、作家の吉本ばななさん――。あらゆる人が自己表現できるように、と2014年に始めた投稿プラットフォームは会員登録者数が約380万人に達した。なぜヒットを相次ぎ生み出せるのか。加藤氏に仕事のヒントを聞いた。(記事より)

詳細は、以下の記事リンクよりご覧ください。


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

note株式会社は、2011年12月8日に生まれました。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。