スクリーンショット_2020-03-08_14.15.13

3万回再生!第一回オンライン合同就職説明会(3月6日) の開催レポート!#やさしい就活

note主催で、ABEJA、Quark tokyo、光文社、DMM.comグループ、テレビ東京、ヌーラボ、パイプドHD、ビザスク、文藝春秋、ミクシィ(敬称略)の10社に参加いただいた「オンライン合同就職説明会2021」。プレスリリースでも発表しましたが、リプライ再生ふくめて累計3万回再生いただきました。


じつは1週間前に開催をきめて、賛同企業をつのり、突貫で開催した本イベント。その裏側をこの記事ではご紹介します。

開催前日までの準備

画像4

お声がけした各社から早々に快諾を頂いて、対外的にも開催を発表したのが3月3日のこと(本番3日前!)。その後、以下を急ピッチで準備してきました。

・社内の役割分担
・前日、直前リハーサルの調整
・学生からの事前質問収集
・登壇順の決定
・タイムスケジュール作成
・座談会のお題選定

画像1

メインで活躍してくれたのが、こちらの2人(超直前のドタバタを激写)。noteのインサイドセールス兼ライブ配信の体制づくりを担当する玉置さん、イベント担当の川島さん。

画像2

noteでは毎度おなじみ、ライブ配信のMCを担当したのは note proカスタマーサクセスの水野(これは本番の様子)。

画像8

ハッシュタグもいくつか議論したうえで、「#やさしい就活」に決定!

当日の準備

1)会場設営

前日までのリハーサルで洗い出した内容をもとに機器を設置して、カメラ位置を入念に調整します。

画像9

画像3

2)直前リハーサル

各社のオフィスからだけではなく、noteのイベントホールから登壇する方もいるので、その場合も想定したリハーサルを進めます(開催1時間半くらい前の様子)。

画像5

こちらは座談会想定バージョン。登壇各社とのZoom接続が順調に進むのか、登壇資料の共有ができるのか、最終確認も行なっていきます。

画像6

事前のリハーサルでは「登壇者に視聴者が見る画面を共有できる"返しモニター"もあったほうがいい」「出番を待つテーブルにもモニターがあったほうがいい」「登壇者を誘導する導線が悪い」「スイッチャーが熱くなりすぎるのを防ぐために冷風機を用意しよう」など、準備では気づかなかった改善点が見つかります。

画像7

noteの会場から配信に参加いただいた、光文社、テレビ東京、文藝春秋の採用担当のみなさん

そして本番

いよいよスタート!

普段はHR全般を担当している北上(下写真の右)も駆り出されて、細部にわたる気配り、カンペだし、登壇者のアテンドをしてくれました。

画像10

動画はここからもご覧いただけます。見逃した方は、ぜひ!

文藝春秋は、見学に来ていた現場社員が登壇側に呼び込まれるサプライズも。ライブ感あって、よいシーンでした。

画面の裏側はこんな感じでした。

画像11

開催中もいろいろと企業から「今後も開催するのか」とお問い合わせがあり、急きょ「問い合わせはこちらまで」をだす水野。このご時世ですが、手書きのフリップ(笑)。

画像12


放送中にツイートされる視聴者からの感想がうれしくて、運営メンバーみんなでリアルタイムでチェックしていました!

ここでも少しだけご紹介。


4時間という長丁場なイベントでしたが、最後はみんなでさようならをして終了!参加いただいたABEJA、Quark tokyo、光文社、DMM.comグループ、テレビ東京、ヌーラボ、パイプドHD、ビザスク、文藝春秋、ミクシィのみなさん、ありがとうございました!!!

さっそく、第二回の開催も決定!3月18日(水)に放送します。登壇に興味がある企業の方はこちらまでご連絡ください。学生のみなさんの視聴もお待ちしています!!

note社のヒミツ2:社内にいるLOVOTがたまに迷子になります。
34
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

この記事が入っているマガジン

noteのみんな
noteのみんな
  • 270本

noteで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。