note株式会社
多くのライターを輩出してきた「オモコロ杯」でnoteの作品が多数受賞!
見出し画像

多くのライターを輩出してきた「オモコロ杯」でnoteの作品が多数受賞!

note株式会社

noteの投稿コンテンツが、2022年6月23日(木)に受賞作が発表されたWebメディア「オモコロ」主催の読者投稿型企画「オモコロ杯2022 ~春~」において、23作品選出されました。

「オモコロ杯」は、これまでAruFaさんや岡田悠さんをはじめとした多くの人気ライターを輩出してきました。今年は応募総数1024本から選出された45本の入賞作品のうち、23作品がnoteに投稿されたコンテンツでした。

おもしろい書き手のみなさんに創作活動の場としてnoteを選んでいただけるよう、機能カイゼンや創作支援の取り組みを今後も続けていきます。

オモコロ編集長 原宿さんコメント

noteさんのことは「白い、そして淡いサイト」という印象を持っていましたが、今回45の入賞作品のうち23作品がnote発だったことに驚きました。簡単に記事制作ができるnoteさんのおかげで、世界が新たな才能と出会うことができました! note最高! 

今後は全ページにびっくりFLASHの設置をお願いします! 攻めの一手!

オモコロ杯2022 〜春〜

オモコロへの掲載を前提とした「おもしろ記事」を読者から募集し、審査員がもっとも笑えて面白いと思った作品が表彰されます。第1回が2012年に開催され、今回で9回目の開催です。

オモコロ杯2022 〜春〜
【結果発表】「オモコロ杯2022 ~春~」を振り返る!

noteからの受賞作品一覧

<優秀賞>

インターネットユーザーのための、クイズで学ぶ「ライティング」入門オグラホロさん

<金賞(個人賞)>

大調査!あの世の新常識|ありふれた平凡なドラマティックさん

あぜ道走りサンボマスター界隈|ンノヤキさん

アナログ時計とデジタル時計の精神を入れ替えて能力を変質させる|今日もおいしい絵に描いた餅さん

<銀賞>

短編漫画「気まぐれな水」|勝見ふうたろーさん

子孫をまどわせたい|タチバナシさん

<銅賞>

びっくりドンキーの!の活用|小木の素さん

お、おい、やべぇーぞ!新潟仕込みせんべいの表面を机に乗せて横から撮ったら火星にしか見えねぇ!|か関合う介さん

じゃんけんの手を30手まで増やして、その勝ち負け判定方法を数学を用いて解説してみた|作っちゃうおじさんさん

八尺様向けキーボードを開発しよう!|ヨードホルムさん

カラス人間は苦労する。|カブトムシ三太夫さん

ランチパックベスト100|クワハリさん

【実録】水責め5日間〜鍾乳洞・廃墟・そしてナ●シカ〜|safariさん

トミカと都こんぶは少しだけ似ている|とりもちうずらさん

ゾンビとおじさん|猪原秀陽さん

漫画のキャラの地元を特定したい! 〜「明日、私は誰かのカノジョ」ゆあてゃ編〜|無限テディベアさん

"いこか"という動物に、さよならを|佐野中庸|CHUYO SANOさん

「あ~ん」収集と、その観察|タイツマソさん

でっかいアポロが食べたい!!|マジ万次郎さん

じっくりと聴く、まいばすけっとのジャズ|JPさん

T地区|室長(おえかきタンケンカ)さん

走り込みの掛け声はブルガリア民謡に似ている|ヒルさん

【必見】令和の男の新三大たしなみ|くもじさん

クリエイター発掘のための取り組み

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteでは、次世代のクリエイターの才能を発掘するための取り組みを積極的に行っています。さまざまな施策を通して、noteがクリエイターの本拠地になることを目指します。

noteクリエイター支援プログラム
クリエイターが活躍する場を広げるために、 noteがパートナーと共に才能の開花を後押しするプログラム。noteで話題のクリエイターを定期的にパートナーへご紹介。関心を寄せたパートナーからのオファーをクリエイターへ届けます。2022年4月時点で78のメディアがパートナーとなっています。

書籍化やメディアでの連載、マネジメント契約、番組への出演など、クリエイターの個性とパートナーの強みや特性に応じて活動を支援します。作品が書籍や映像化にいたったときは、当社も販売促進のお手伝いやアドバイスを行ないます。

趣旨に賛同いただけるパートナーを広く募集しております。本プログラムへの参画をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。