note株式会社
漫画家・渡辺電機(株)さんのnoteが書籍化!『父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話』が発売
見出し画像

漫画家・渡辺電機(株)さんのnoteが書籍化!『父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話』が発売

note株式会社

noteの「noteクリエイター支援プログラム」を通じ、渡辺電機(株)さんが連載したコミックエッセイが書籍化。『父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話』が、KADOKAWAから4月28日(木)に発売されます。

渡辺電機(株)さんは、『55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました』をnoteで発信。noteが73のメディアパートナーと連携して新しい才能を世に送り出す「noteクリエイター支援プログラム」を通じて、出版が実現しました。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターの皆さんの活動をサポートしていきます。

著者・渡辺電機(株)さんのコメント

この作品の構想を立ち上げてから、noteでの公開を始めるまで、そして単行本の出版に至るまで、本当に色々なことがありました。

プロットを作り始めたのは、娘のアユが小学4年生で長男が誕生した2019年の5月頃。それから1年半ほどの間は青年誌、Web媒体などに持ち込んで、手直しとボツを繰り返しの日々。これはもうWebで自主連載をし、自費で出版をするしかないと覚悟を決めたのが、2021年のお正月のことでした。

無料公開でも、サポートのシステムである程度の収益が見込めること、ターゲット層が幅広いこと、出版業界からの注目度が高いことなどを理由に、noteでの月イチ公開を決めました。誰にも催促されない、その気になればいくらでもサボれる自主連載ですが、子ども3人の育児の合間に執筆時間をやりくりする現状では、結果論ですがこの方法がベストでした。

第1回の公開直後から予想外の大反響。第2回の公開後にはWeb媒体の取材が入り、その記事の掲載で一気に注目が集まったことで、すぐに複数の方から単行本化やテレビ出演のオファーがありました。またnoteユーザーの皆さんから多くのサポートもいただきました。本当に助けられました。

ただトントン拍子に出版が決まるかと思いきや、すんなりとは行かず。子どもたちにまつわる内容だったこともあり出版に少し慎重になっていた中、noteのクリエイター支援プログラムで取り上げていただいた事でKADOKAWAから声をかけていただき、ちょうど一冊分の原稿が溜まったタイミングでの単行本出版にこぎつけました。

マンガの仕事でお金をもらうようになって37年になりますが、note経由で出版に至る今回のような新しい形の仕事ができたことは、我ながら驚きです。

まだまだマンガ家を続けて行けそうです。
ありがとうございました。引き続きお世話になります!

▼note『55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました』

KADOKAWA 担当編集者・山崎旬さんのコメント

KADOKAWAコミックエッセイ編集部では、エッセイ漫画を中心に作品を刊行しています。新人賞を開催する他、最近はSNSやブログなどで新しい才能のある作家と出会う機会も多く、noteのクリエイター支援プログラムでもクリエイターのリストを編集部内で定期的に共有してチェックしています。

渡辺電機(株)さんの連載『55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました』は以前から何度か目にしたことがありましたが、支援プログラムをきっかけに改めて連載を拝読し、最新話まで読み終えると同時に書籍化を打診しました。

育児漫画はコミックエッセイの代表的なジャンルのひとつですが、渡辺電機(株)さんの作品は「子どもの言動のかわいさ」「子育てにまつわる悲喜こもごも」といった育児漫画の王道的な表現を超えて、50代にして突然小学生の娘さんができた一人の男性の人生の変容が、率直かつ正直に、しかもものすごくユーモラスに描かれていて新鮮でした。

著者プロフィール

渡辺電機(株)
大学在学中の1980年代半ばより、複数のペンネームでマイナー誌の仕事をする傍ら、石ノ森章太郎の仕上げスタッフに参加。1991年『クソゲー戦記』月刊コミックコンプにて初連載。主な作品に『ダンジョン退屈男』『土星のプリンセス』『はたらくねこ』『クソゲー星人』『(株)~かっこかぶ』『ゾンビな毎日』など。東京都出身。明大SF研OB。
note:https://note.com/w_denki/ Twitter:@w_denki

『父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話』

死ぬまでひとりだと思ってた。小学生の娘ができた。世界が変わった。

55歳、独身、ギャグ漫画家。このまま一生、ひとりで生きていくものだと思っていた。

ところが2人の娘をもつ女性との結婚で突然、父となり、思いもよらず小学生の娘との2人暮らしをすることに。

子どもができて、目に見える街並みが、慣れ親しんだ生活が、人生が180度変わった。

娘との生活で経験した驚きと苦労、そして喜びを、飾ることなく本音で綴った著者初のエッセイ漫画。

noteで大反響を読んだ『55歳独身ギャグ漫画家 父子家庭はじめました』に、単行本でしか読めない描き下ろしを加えて待望の書籍化!

書誌情報

書名:父娘ぐらし 55歳独身マンガ家が8歳の娘の父親になる話
著者:渡辺電機(株)    
発行:KADOKAWA       
定価:1,210円    
ISBN-10 ‏ : ‎ 4046813970  
ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4046813978 
判型:A5判   
頁数:144頁

▼書籍の購入はこちらから!

クリエイターの活躍の場を広げる取り組み

noteでは、クリエイターが活躍する場を広げるための取り組みを行っています。具体的には、noteで話題のクリエイターをメディアパートナーに紹介し、出版や連載につなげる「クリエイター支援プログラム」や、作品の露出機会を増やすことを目指した企画やイベントの実施、クリエイターがスキルや実績を表明することで、仕事の発注をスムーズに行いやすくなる仕事依頼タブ機能などです。

さまざまな施策を通して、noteがクリエイターの本拠地になることを目指しています。

▼noteで活躍するクリエイターへのインタビューはこちら!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社は、2011年12月8日に生まれました。
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。