note株式会社
バーチャル美少女ねむさんのnote「ソーシャルVR国勢調査2021」が書籍化!『メタバース進化論』が3月19日に発売
見出し画像

バーチャル美少女ねむさんのnote「ソーシャルVR国勢調査2021」が書籍化!『メタバース進化論』が3月19日に発売

note株式会社

バーチャル美少女ねむさんがnoteに投稿した「ソーシャルVR国勢調査2021」。それをもとに生まれた書籍『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界』が、技術評論社から3月19日(土)に発売されます。

バーチャル美少女ねむさんは、ソーシャルVRユーザーを対象とした大規模アンケートの結果を分析し、詳細なレポートをnoteで公開。VRをテーマにしたnoteイベントにもゲスト出演いただきました。本書は、メタバースの文化や課題、未来予想についてつづられた一冊です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。

著者・バーチャル美少女ねむさんのコメント

noteで公開した「ソーシャルVR国勢調査2021」が話題となったことがきっかけとなって、技術評論社様からこのような書籍化の機会を頂きとても感謝しています。

私にとってnoteは、「もっともコンテンツそのものに向き合える場所」です。なにかコンテンツを発表しようとしたとき、発表する文章のレイアウトやサイトのデザイン、プロモーションなど様々なサイドワークが頭を悩ませます。

しかしnoteでは、コンテンツさえしっかりしたものを作れば、美麗なデザインで公開されてたくさんの方に見てもらえる機会があります。サイドワークから解放されて、コンテンツそのものに集中して取り組むことができます。これは私のように趣味で活動している時間の限られたクリエイターにとって、本当にありがたいことです。

ソーシャルVRの住人1,200名の生活実態を調査した「ソーシャルVR国勢調査」を公開したとき、私達はそのデータが人類の新時代を照らし出す貴重なデータであることは信じていたものの、まさかこんなに早く世間的に注目されることになるとは夢にも思っていませんでした。

ようやくデータの集計を終えて60ページに及ぶレポートをまとめ、いざ公開しようとなったとき、それをnoteで公開しようと思ったのはとても自然なことでした。そして、奇しくもその日は、マーク・ザッカーバーグがFacebookから「Meta」への社名変更を発表し、メタバースが世界的に注目される前日のことだったのです。

『メタバース進化論』では、メタバースの革命性として、これまで心の中に眠っていた個人の多様な側面が姿かたちを得て自由に活動を始めること、それが人々のクリエイター化を促進し、人々が主役となった世界や経済を創り出すことを挙げました。

近年「クリエイターエコノミー」が注目されていますが、一部の特別なクリエイターだけでなく、誰もがクリエイターになれる「本当の意味でのクリエイターエコノミー」を創り出す上で、メタバースはnoteが生んだ世界の先にあるものではないかと私は思っています。

メタバースに生きる一人の住人にすぎない私がnoteをきっかけに生み出すことのできたこの本が、誰かの好奇心を刺激し、よりよい未来を創り出すきっかけとなることを祈っています。

著者プロフィール

バーチャル美少女ねむさん
メタバース原住民にしてメタバース文化エバンジェリスト。「バーチャルでなりたい自分になる」をテーマに2017年から美少女アイドルとして活動している自称・世界最古の個人系VTuber。VTuberを始める方法をいち早く公開し、その後のブームに貢献。2020年にはNHKのテレビ番組に出演し、お茶の間に「バ美肉(バーチャル美少女受肉)」の衝撃を届けた。ボイスチェンジャーの利用を公言しているにも関わらずオリジナル曲『ココロコスプレ』で歌手デビュー。作家としても活動し、自筆小説『仮想美少女シンギュラリティ』はAmazon売れ筋ランキング「小説・文芸」部門1位を達成。フランス日刊紙「リベラシオン」・朝日新聞・日本経済新聞など掲載歴多数。VRの未来を届けるHTC公式の初代「VIVEアンバサダー」にも任命されている。
note:https://note.com/nemchan_nel/ Twitter:@nemchan_nel

『メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界』

「メタバース進化論」書影
帯文に、noteCXOの深津がコメントを寄せました!

メタバースでは「新たな人類」が文化を築きつつある―

期待が膨らむメタバースの本当の姿、そして真の可能性とは?仮想現実世界の住人が物理現実世界の私たちに伝える、衝撃の「現地調査報告書」!

Meta(旧Facebook)の事業計画と社名変更の発表以来、注目度が急上昇した「メタバース」について、特にソーシャルVRに焦点をあてた一番ディープで刺激的な書籍です。本書は単なるソーシャルVRの概説ではありません。メタバースが人間の在り方を劇的に進化させる可能性を考察する、仮想現実住民である著者が物理現実に住む私たちへ送る別次元のルポルタージュです。

仮想現実では多くの人が「美少女」になる?
アバターをまとった人間同士の恋愛関係が生まれる?
存在しないはずの「しっぽ」を触られたと感じる人たちがいる?

本書が扱う内容は仮想現実の文化のほんの一側面にすぎません。物理現実とは違った「別の現実」の在り方を目撃してください。

▼無料公開中の書籍の序論

書誌情報

書名:メタバース進化論――仮想現実の荒野に芽吹く「解放」と「創造」の新世界
著者:バーチャル美少女ねむ
発行:技術評論社
定価:1,980円
ISBN-10:4297127555
ISBN-13:978-4297127558
判型:四六判
頁数:320頁

クリエイターの活躍の場を広げる取り組み

noteでは、クリエイターが活躍する場を広げるための取り組みを行っています。具体的には、noteで話題のクリエイターをメディアパートナーに紹介し、出版や連載につなげる「クリエイター支援プログラム」や、作品の露出機会を増やすことを目指した企画やイベントの実施、クリエイターがスキルや実績を表明することで、仕事の発注をスムーズに行いやすくなる仕事依頼タブ機能などです。

さまざまな施策を通して、noteがクリエイターの本拠地になることを目指しています。

▼noteで活躍するクリエイターへのインタビューはこちら!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note社のヒミツ1:じつはnoteのノートがあるんです。
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。