note株式会社
小説家・平野啓一郎さんをゲストに迎え、noteの創作支援シリーズイベント「#物語のつくりかた」を7月28日に開催!
見出し画像

小説家・平野啓一郎さんをゲストに迎え、noteの創作支援シリーズイベント「#物語のつくりかた」を7月28日に開催!

note株式会社

noteが主催するクリエイターの創作支援を目的としたイベントシリーズ「#物語のつくりかた」は、7月28日(木)に開催するイベントのゲストに小説家・平野啓一郎さんをお迎えします。今回で本イベントシリーズは第6回目の開催となります。

平野啓一郎さんは、現在NHKで放送中の連続ドラマ『空白を満たしなさい』の原作者でもあり、『マチネの終わりに』『ある男』をはじめ、多数のヒット作を出版されています。イベントでは、ロングセラー作品の執筆過程や創作にまつわる秘密をお話しいただく予定です。

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、創作に役立つ機会の提供により、今後もクリエイターの創作を支援してまいります。

創作支援シリーズ「#物語のつくりかた」

「#物語のつくりかた」は、小説家、漫画家、脚本家など「物語」創作の最前線で活躍するプロフェッショナルをゲストにお招きし、作品づくりを学ぶイベントシリーズです。どなたでもオンラインで無料視聴が可能です。

第6回目となる今回は、小説家・平野啓一郎さんをゲストにお招きします。NHKでドラマ化された『空白を満たしなさい』は、平野さんご自身をある種、モデルとして描かれた作品です。自身というリアルをどのようにフィクションに昇華していったのか? テーマやキャラクターの深め方など、平野さんの創作の秘密に迫ります。

■これまでのゲスト講師(※開催順)
ドラマプロデューサー・たちばなやすひとさん、編集者・松田紀子さん、漫画家・松本千秋さん、小説家・綾崎隼さん、小説家・木下昌輝さん

■過去の開催イベント
以下のリンクから、アーカイブ動画やイベントレポートをご覧いただけます。

イベント概要

・開催日時: 7月28日(木) 20:00〜21:30予定 
・会場  :オンライン
・視聴方法:YouTube / Twitterスペース / TikTokでどなたでもご視聴いただけます。
・参加費 :無料
・お申込み:https://peatix.com/event/3306823/view
(上記よりお申込みいただくと、リマインド設定ができます)

登壇者プロフィール

ゲスト:平野啓一郎さん(小説家)

平野啓一郎さんの写真

1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。京都大学法学部卒。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。以後、一作毎に変化する多彩なスタイルで、数々の作品を発表し、各国で翻訳紹介されている。

著書に、小説『葬送』、『滴り落ちる時計たちの波紋』、『決壊』、『ドーン』、『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、『マチネの終わりに』、『ある男』等、エッセイに『本の読み方 スロー・リーディングの実践』、『小説の読み方』、『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、『「生命力」の行方~変わりゆく世界と分人主義』、『考える葦』、『「カッコいい」とは何か』等がある。最新作は、「自由死」が合法化された近未来の日本を舞台に、最新技術を使い、生前そっくりの母を再生させた息子が、「自由死」を望んだ母の、<本心>を探ろうとする長編小説『本心』。
2019年に映画化された『マチネの終わりに』は、現在、累計60万部超のロングセラーとなっている。『空白を満たしなさい』の連続ドラマ化に続き、『ある男』を原作とする映画が2022年秋に公開予定。

note:https://note.com/hiranok/ Twitter:https://twitter.com/hiranok


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。