見出し画像

noteのミッション・ビジョン・バリューを伝える社内共有会を開催しました

新しく入社した社員が会社のカルチャーを深く理解し、スムーズに活躍できる土台をつくるため、noteではミッション・ビジョン・バリュー(以下、MVV)を伝える「MVV共有会」をはじめました。

先日おこなった第1回では、CEOの加藤CXOの深津人事の北上と最近入社した社員がオンラインであつまり、対話をしました。

MVVの役割

入社してすぐに個々が能力を発揮するためには、じつは準備が必要なことも多いです。私たちが重要だと考えるのは、会社のカルチャーを理解すること、自律的に行動するための目線合わせをすること。

そんなとき、noteのかかげるMVVが役に立ちます。MVVとは、noteが大切にすべき価値観や想いを明文化したもの。社員一人ひとりが自律的に動くための指針です。

とくに、ミッション「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」は会社が向かう方向を示す、北極星となるもの。社員みんなが同じ方角に進めるように、導いてくれます。そして、6つのバリューは社員の行動指針です。迷ったときにはバリューに立ち返り、何をすべきかを自分自身で判断することができます。

2019年11月に登壇した「Web担当者Forum ミーティング 2019 秋」でも、加藤と深津はミッションのたいせつさについて語り合っています。

普段からオフィスに掲げられていたり、Slackや会議の場で用いられたりと、触れる機会の多いMVV。入社してすぐにMVVとじっくり向き合う機会もつくることで、より理解が深まり、一人ひとりが迷わず動けるようになると考えました。

参加した社員の感想

ここでは、第1回MVV共有会に参加した社員から感想を紹介します。少しでも、社員がMVVと向き合うようすが伝わればいいなと思います。

ユーザーコミュニケーション・金子さん

スクリーンショット 2020-06-11 14.28.12

Q&Aコーナーでは「どんな大学時代でしたか?」という質問をしました。すでに会議やSlackなどで加藤さんの考えを知る機会はありましたが、大学時代のお話を聞くことで、加藤さん、そしてnote誕生のルーツを知ることができてよかったです。"noteらしさ"をまた一歩深く理解することができて、ありがたい時間でした。

事業開発・高越さん

スクリーンショット 2020-06-11 14.30.30

わたしは今年3月の入社なので、実際にオフィスで働いていたのは最初の1ヶ月だけです。まだまだ会社の風土が掴みきれない中での在宅勤務となり、自分の判断はあっているのか?と不安に感じることもありましたが、MVV共有会に参加したことで「そうか、だからこのバリューが生まれたのか!」と腑に落ちるエピソードを聞くことができ、MVVをより身近に感じられるようになりました。今後も定期的に参加したいです!

MLエンジニア・森下さん

スクリーンショット 2020-06-11 14.34.45

MVVを大切にしつつ、自分の裁量で自由にできる環境なんだとあらためて思えました。会社の根幹となる部分を伝えるために、質問を募集して加藤さん、深津さんが答えるコーナーもありました。リモートで働かざるを得ないなかで、一方通行なコミュニケーションではなく、インタラクティブな会であったのもよかったです。

デザイナー・井口さん

スクリーンショット 2020-06-11 14.28.55

わたしは入社直後から、さっそくカルチャーブックを制作する担当になりました。そのため、この会より前の段階からMVVについて考える機会も多かったのですが、あらためて加藤さんと深津さんからMVVのお話を聞けたことで、より理解を深めることができた気がします。事前に質問を用意することになっていたため、踏み込んだおもしろい質問が多く、興味深いお話を聞くことができました。

サーバーサイドエンジニア・山崎さん

スクリーンショット 2020-06-11 14.27.23

noteのMVVにこめた思いを知ることで、より深く理解することができました。今後の業務のなかで、自身の考えや行動の判断基準として活用しながら、実践していきたいと思います。また、普段から疑問に思っていることについて、経営陣がどのように考えているのかを聞くことで、視座を高くして、同じ方向を向くことができたと感じています。定期的に開催するとのことなので、また参加したいと思います。

MVV共有会は、これからも内容をブラッシュアップしながら、毎月開催する予定です。また、オフィスで顔を合わせて開催できる日が来るのも楽しみです。

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

note社のヒミツ2:社内にいるLOVOTがたまに迷子になります。
71
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

noteのみんな
noteのみんな
  • 339本

noteで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。