🎧iOSエンジニアが家を買った話 #notetechtalk
見出し画像

🎧iOSエンジニアが家を買った話 #notetechtalk

エンジニアリングマネージャーの福井です。

noteのエンジニアがお届けするPodcast「note tech talk」です。このPodcastは、noteのエンジニアがときにゆるく雑談し、ときには深い技術の話をしていく番組です。

ゲストは前回に引き続き、noteのiOSエンジニアであるかっくんです。

https://open.spotify.com/episode/01IwJ4lBFEQka57SkMSWy2
▲前回のPodCast

今回は前回のアフタートークとして、かっくんのアイコンの話や、家を購入した話など、プライベートなことをゆるーく話しました。

================================
【本編】
0:40 〜 キャッチアップはどうしている?
2:50 〜 登壇するのは辛いし大変。けれどコミュ障にはチャンス
3:40 〜 アイコンは大事。かっくんのアイコンのモチーフは?
5:40 〜 記事を書くのにかかる時間は?
8:00 〜 家を買った話
9:50 〜 家探しで「ガスが使えるかどうか」は大事
12:20 〜 リノベーションの記事を読んだり、動画見たりするのは楽しい
================================

かっくんのSNSなどのアイコン画像

▲かっくんのアイコン

▲家を買ったときに書いた記事はこちら

ざっくりあらすじ文字おこし

※ 本編の内容がざっくりわかるように、箇条がきで内容を抜きだしています。あくまで「ざっくり」なので詳しい内容は本編をお聞きください。

■ 雑談から情報が得られることは多い(0:30〜)

================================
Q:情報のキャッチアップはどうしている?
A:基本的にはWWDCを見る。雑談から情報を得られることもあるので勉強会は大事
===============================

・基本的にはWWDCを見まくる

・最新情報も得られるし、過去の対応方法などもわかる

・勉強会はできるだけ参加するようにしている

・登壇もするようにしている。知り合いができるのでやった方がいい

・雑談から情報が得られることも多い

■ アイコンはアイデンティティ(3:44)

================================
Q:今のアイコンのモチーフは?
A:甥っ子が書いたものを使っている。親近感が湧いていいなって
===============================

・アイコンはアイデンティティ

・SNSでアイコンを変更されると誰が誰だかわからなくなる

・甥っ子が書いてくれたものをアイコンとして使用している

・昔は中二病みたいな変なアイコン使っていた。今の方が親近感が湧いていい

■ フルリノベーションできるマンションを買った(8:00〜)

================================
Q:なんで家買ったの?
A:仕事部屋が欲しいし、年齢的にもそろそろかなって
===============================

・今は寝室の一角で仕事をしているので、家族に気を遣ってしまう

・ローンを借りる年齢としてもギリギリになってきた

・「じゃあもういっそ、マンションを買ってフルリノベーションしよう!

■ ガスが使えるかどうかは大事(9:50〜)

================================
Q:家を選ぶ条件は?
A:奥さんが料理好きなので、ガスが使えることは必須だった
===============================

・東京都には住まなくていいかなと考えていたので、都外で色々と探した

・お互いの実家の中間地点で石川県の方にも下見に行った

・奥さんが料理好きなので、ガスが使えることは必須だった

・都心から離れると意外にガスが使えないところが多い

■ リノベーションするときにはコンセントは多くつける(13:48〜)

================================
Q:リノベーションしたときのこだわりは?
A:家具に左右されないように、どの部屋もベッドがおけるような広さにした
===============================

・家具に左右されないようにした

・各部屋にベッドが入るくらいのスペースはつくるようにした

・自由に家具を動かせることで、あとで好きに配置ができるようにした

・角という角にコンセントをつけた。リノベーションするときはコンセントは多めに


▼noteを一緒に作りませんか?

▼エンジニアの記事紹介


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」でわたしを元気にしてくれた、あなたもクリエイターの1人です。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。