見出し画像

Developers Summit 2020でnoteがスポンサーとセッション登壇をしました。#devsumi

2月13日、14日にITエンジニアの祭典が開催されました。noteのエンジニアチームもブースを構えたり、CTOの今が「noteの決して止まらないカイゼンを支える、エンジニアリングへの挑戦」をテーマに登壇して満員御礼となったり。この記事では、ピ社の参加レポートをお届けします。

スクリーンショット 2020-03-04 10.36.00


有志のエンジニアやHR Leaderの北上を中心に、ブースではどんなことをするのか?セッションでは誰がなにをお話するのか?といった準備をしてきました。

▼前日、ブースセット完了▼

▼場所は、受付の目の前▼

ブースでは、ガラガラくじも行ないました。一等は特製パーカー。

ここで、当社の社名を認知いただいた方も続出した模様。


1日目のお昼は、今の登壇もありました。タイトルは「noteの決して止まらないカイゼンを支える、エンジニアリングへの挑戦」。

・noteチームが重視するサービスのグロースサイクルとは?
・そのグロースサイクルを円滑に回すために、開発チームをどう組織したか?データをどう活用したか?

を軸にお話したセッションは、立ち見が出るほどの大盛況に。参加いただいたみなさん、ありがとうございます!

当日の資料をSlideShareにアップしています(すでに2万以上閲覧いただいている…!)。noteにも解説記事をあげているので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

ステキなまとめも。ご参加、ありがとうございました!


2日目もたくさんのエンジニアがブースの立ち会いに駆けつけてくれました。日頃noteを使っている方から直接感想を伺えたり、noteの開発体制についてお話したり。

すこしでもnoteのエンジニアチームの実態が伝わっていれば、うれしいです。

・・・・

以上!デブサミの参加レポートをお届けしました。

ピ社の社員のうち、エンジニアが約半数。まだまだまだまだ、開発したいこと、カイゼンしたいことがたくさんあります。

エンジニア採用は大強化中なので、もし良ければ以下の記事もご覧ください。



最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」をもらったお礼に、note社のマスコットをご紹介。
18
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

note engineers’ notes
note engineers’ notes
  • 81本

noteのエンジニアたちがつづったnote、noteのエンジニアが登壇したイベントや勉強会の様子をご紹介します。エンジニアも大募集中です! https://open.talentio.com/1/c/pieceofcake/requisitions/1140