note株式会社
新文化でケイクスが紹介されました

新文化でケイクスが紹介されました

note株式会社

「加藤『単純な話、ウェブが一番便利じゃないですか。パッケージとは『閉じる』ということ。もちろんその良さもありますが、消費者はパッと思い立ったときに面白いものが見たい』」
新文化2013年2月7日号1面「起業3氏が出版改革へ提言」より

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

ありがとうございます。日常の小さな工夫も、すべてがクリエイティブ!
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。