note株式会社
「note創作大賞」応募総数16,848件!受賞作品を発表−クリエイターの才能発掘へ。パートナー各社の協力で書籍化・映像化を目指す−
見出し画像

「note創作大賞」応募総数16,848件!受賞作品を発表−クリエイターの才能発掘へ。パートナー各社の協力で書籍化・映像化を目指す−

note株式会社

noteは、4月28日(木)に第1回「note創作大賞」の受賞作品を発表しました。創作大賞は、クリエイターの才能の発掘に取り組むため、KADOKAWA、幻冬舎、ダイヤモンド社、テレビ東京の協力を得て開催しました。既成の枠にとらわれない新しい創作に出会いたいと、対象はオールジャンルに。2021年11月15日(月)から2022年2月6日(日)の約3カ月の間に、ジャンルも形式もさまざまな16,848件もの作品を応募いただきました。

審査員による選考の結果、優秀作品賞6名、入賞13名の受賞作品が決定しました。受賞作品は、賞に応じた副賞の授与と、各社との書籍化、映像化などの話し合いを進めていく予定です。
創作大賞は、応募作品をメディアプラットフォームnoteで公開してもらうインターネット時代の新しい賞です。受賞作品はすべて、note上で見ることができます。

受賞作品

大賞

該当作品なし

優秀作品賞(6名※)

女とおしゃれと異常な激情|岩村月子

元・天才キッズ動画配信者の末路|キブシ

芸人が死にかけて今後について悩む漫画|ナターシャ(ニュークレープ )

100万円貯めて、汚部屋から脱出してみた|藤原華@ミニマリスト編集者

初華 死刑を求刑された少女|三島広雪

好感度上昇サプリ|目からウロコ

※当初3名を予定しておりましたが、審査の結果、6名を選出いたしました。

入賞(13名)

Excelマクロ講座|あきの あこ

♬シニアの音楽留学記 in Boston|ATSUKO

蝉が鳴くころに|北野赤いトマト

海より孤独|北森サイ

手紙〜間宮家の34通〜|熊田健大朗

愛の《終わりはじめ》のこと|スイスイ

物理部のアオちゃん|Fuki

ゴールデン街のボニーとクライド|プチ文壇バー 月に吠える

「失恋ごはん」|水谷緑

「8年間で全員来なかった日が1日だけ」を考察する|武藤北斗・パプアニューギニア海産

ナンの話|やまざきももこ

お兄ちゃんとホットケーキ|やまち

流星葬|闇夜のカラス

審査員からの総評

KADOKAWA

マンガから2作品を優秀賞に選出した。両作に共通しているのは、商品として勝負できるクオリティとオリジナリティ。続く入賞作として、投稿作自体には改善すべき点はあるものの、クリエイターとして今後勝負できる可能性が感じられたものを選出した。一方、選出を見送った大賞作については、一定のクオリティはもちろん、「noteならではの図抜けた才能」といえる投稿作を求めていた。他にも作品を発表できるプラットフォームや新人賞はある中で、今回は第一回目の試みということもあり、「note創作大賞」を代表する作品として特定の作品を強く推すことは見送る、という判断になった。

幻冬舎

幻冬舎並びに幻冬舎コミックスからは優秀作品賞に1作品、入賞に3作品を選出。読み応えがあり書籍化を目指せると判断したもの、作家さんのポテンシャルの高さ等が選考基準となった。満場一致で大賞に推せる作品はなかったが良作も多く、入賞作の数に表れている。また書籍化という枠にはまらなくとも、noteという自由な場所だからこそ出来た発想の写真構成、エッセイ、経験談も多々あった。今後さらに読ませる、伝える意識を持って自分の情熱や経験の披露、創作を続けて欲しい。

ダイヤモンド社

クオリティが高く、読み応えのある作品にあふれ、作り手・書き手としての才能を感じる人が多かった。
今回「優秀作品賞」として選出したのは2作品。両作品には「読者に楽しんで最後まで読んでもらおう」とする真摯な姿勢が突出していた。コンテンツとして面白いのはもちろん、思わず次ページを読みたくなる展開の妙や説得力のある画像の挿入など「読ませる」工夫があったことを評価した。
圧倒的なコンテンツの力を感じさせる「大賞」候補は出なかったものの、時代の動きを捉えた質の高い作品は多く、「入賞」作として推した。
出版社の命ともいえるコンテンツ創作の場として、今後この「note創作大賞」がさらなる発展を遂げることを願っている。

テレビ東京

ショートでクスッとさせる柔らかい読み物から、生活や業務に役立つような情報性の高いコンテンツ、大変読み応えのある長編小説まで。予想を上回るバリエーションと投稿数、そしてクリエイティビティと出会い続けた怒涛の審査期間でした。
その中で今回、テレビ東京は映像化の可能性、とりわけ「有望なドラマ原作と出会いたい」という観点で作品を拝見しました。

大賞は「該当なし」となりましたが、優秀作品賞・入賞のいくつかの作品は「今後の可能性あり」と考え、推させていただいております。配信コンテンツ化も含め、時流に合った展開を受賞された皆様とご相談してまいります。
改めてご応募下さったクリエイターの皆様に敬意を表します。ありがとうございました。

note

今回寄せられた16,848件もの作品は、小説、マンガ、エッセイ、コラム、脚本、イラスト、写真、料理、ゲーム、ビジネス、スポーツ、動画、音声……ジャンルも形式も多様で、たくさんのクリエイティビティにあふれていました。読む上で大切にしていた視点は3点。①その人にしかつくれない作品であること、②書籍化や映像化などその先の展開が思い浮かぶものであること、③作者の創作に対する"熱"を感じられる作品であること。

優秀作品賞の6作品は、いずれもその3点を十分に満たしている作品です。各社からも書籍化・映像化の可能性があると推薦いただいたため、当初の3名から枠を広げ、6名を受賞とさせていただきました。上記3点に加え、「これは新しい!」と思えるものを選出したいと考えていた大賞は、残念ながら該当なしとなってしまいました。しかし、優秀作品賞・入賞のいずれの作品も、読み応えのある作品ばかりなので、未読の方はぜひご覧いただければと思います。最後になりましたが、ご応募くださったすべてのクリエイターのみなさまに、心より感謝申し上げます。次回以降の「note創作大賞」にもご期待ください。

note創作大賞

新たな才能を見出すとともに、すべての応募作品が読者と出会うチャンスがある、インターネット時代の新しい賞を目指して開催。受賞作品は、協力各社と共に書籍化・映像化を目指します。

【概要】
・期間:2021年11月15日(月)11:00 〜2022年2月6日(日)23:59
・発表:2022年4月28日(木)
・応募:期間中にハッシュタグ「#創作大賞2022 」をつけて、noteへ記事を投稿。応募作品はすべてnoteで公開してもらう、オープンな賞。
・規定:応募は1人1作品限定
・審査員:KADOKAWA、幻冬舎、ダイヤモンド社、テレビ東京、note


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社は、2011年12月8日に生まれました。
note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。