新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

note社員の登壇情報まとめ(2020年6月)

このnoteでは、2020年6月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。

※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます!

CTO・今
(note:@konpyu/Twitter:@konpyu

【ガオトーク】0→1エンジニア創業期振り返りトークライブ Vol.2

日時 6月18日(木)19:00〜21:00
場所 オンライン

創業期の0→1を経験し、サービスグロースにも関わってきていたエンジニアの方を毎回お招きして、サービスの紹介と創業期の振り返り(どういうことをしていたか、大事だと思う点、反省点など)を語ってもらうトークライブイベントです。

質疑応答やディスカッションなどなるべく双方向なやりとりができる時間もしっかり確保しますのでぜひ積極的にご参加ください。初めから乾杯もあるラフなイベントです。

今回はnote社のCTOを務める今さんに、特別ゲストとして創業期の振り返りトークをしていただく予定です。

エンジニア・福井
(note:@r82/Twitter:@fukuiretu

あおもり移住者オンラインvol.2『移住パパ3人のリモートワーク事情』

日時 6月18日(木)19:00〜20:30
場所 オンライン

『移住パパ3人のリモートワーク事情』と題して、同世代の移住パパ3人が、それぞれの移住後の働き方について語ります。

ゲストにお迎えするのは、コロナウイルス感染拡大のずっと前から、東京の会社に所属したまま弘前でリモートワークをするエンジニア福井さん、都市部での仕事を完全にやめて、次の仕事を決めずにUターンし、現在はパラレルワークをしている本田さんです。

司会進行の辻も、東京の会社に所属したまま、弘前拠点( 新規事業)の立ち上げで移住し、現在は新しい会社を設立して、パラレルワーク&二拠点居住中です。

コロナの影響を受けて、リモートワークが推進され、これまでのように新しい仕事を見つけないと移住できないという時代ではなくなってきました。今回はリモートワーク移住の先輩から、リアルな移住とお仕事の話をお聞きします !

note proカスタマーサクセス・水野
(note:@mikkemac/Twitter:@mikkemac

SPBS THE SCHOOL「[広報的]思考解剖学」
第4回 noteの法人担当に聞く!深く届ける。企業がnoteを使う理由

日時 6月23日(火)19:00〜20:30
場所 オンライン

昨今、デジタル化やSNSの広がりと共に、誰もが手軽に使えるツールが増え、情報を伝える機会と手段が広がってきました。

一方、誰もが情報を発信できる社会の、膨大な情報の中で、伝えたい情報をいかに際立たせるかが重要になってきています。

このような時代に響く伝え方とはどのようなもので、ビジネスパーソンはどのような視点で社会を読み解き、何をどう仕事に活かしていくべきでしょうか。

「 シリーズ [広報的]思考解剖学 」は、このような時代を生き抜く広報パーソンを中心に、誰もが発信する時代の広報的発想を学びたいビジネスパーソンにも向けた連続講座です。

【CS最前線】オンラインでのつながりを切り開いた3社が語る、コミュニティの今

日時 6月25日(木)15:00〜16:00
場所 オンライン

株式会社メルカリより上村氏、note株式会社より水野氏をゲストに迎え、弊社CCO、Eightコミュニティマネージャーの小父内との対談を行います。

事業開発・高越
(note:@atusko0713/Twitter:@atsuko_tkks

採用担当に持ってほしい広報視点とノウハウ

日時 6月23日(火)12:00〜13:15
場所 オンライン

新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、採用広報の重要性がより一層注目されています。

今までオフラインで面接や会社説明会がオンライン化したのはもちろん、オウンドメディアやSNSで情報を発信する機会が増えてきました。しかし、会社のいいとことを⾔語化して発信し、届けたい候補者に届けたい情報を届けることは、決して簡単ではありません。

今回は、採⽤広報におけるプロフェッショナルをお呼びして、愛される会社を作るために採⽤担当が持っておきたい広報視点とノウハウをお話しいただきます。

採用広報を科学する~限られたリソースで広報の効果を最大化する方法とは~

日時 6月24日(水)19:00〜20:00
場所 オンライン

一連のコロナ禍の影響で、ミートアップなどのオフラインでの採用施策が困難となり、改めて採用オウンドメディアやSNS広告に注目が集まっています。

本イベントでは、採用広報・採用マーケティングを実践する2社に登壇いただき、これまでの成功事例・失敗事例、最新の取り組みについて語っていただきます。

PR・金子
(note:@kanetomo/Twitter:@kane_tomo

明日から実務で使える! PRのニュースタンダードを紐解くオンラインイベント「新しいPRの教科書をつくる会」

日時 6月23日(火)19:00〜21:00
場所 オンライン

COVID-19の発生によって、人命だけでなく、社会経済にも大きな影響が出ていることは周知の通りです。この未曽有の事態により、消費者の価値観や行動様式にも変化が生じ始めています。

社会全体が変わりつつある今、組織とあらゆるステークホルダーとの関係構築を行っていく活動であるPRもまた、「Withコロナ時代」を想定したソリューションの見直しが必要と考え、本オンラインイベントを開催する運びとなりました。

本イベントでは、これまで現場で当たり前に行われているPR業務を振り返り、これからのスタンダードを考察していきます。

PR業務を遂行する上で、避けては通れない要素であるプロジェクトメンバーをアサインする「チームビルディング」、戦略・企画を練る「プランニング」、実施結果を評価する「アセスメント」という3つのテーマに沿ったキーワードを各登壇者が持ち寄って、トークセッションを展開します。

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

「スキ」をもらったお礼に、note社のマスコットをご紹介。
29
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

プレスルーム
プレスルーム
  • 355本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281