野食ハンター

cakesの人気連載、茸本朗さんの『野食ハンターの七転八倒日記』が書籍化され、平凡社より発売されました!

note株式会社

コンテンツ配信サイト cakes(ケイクス)で連載された『野食ハンターの七転八倒日記』が、11月15日に平凡社より発売されました。本作品は、cakesで連載されたものを加筆・修正のうえ書籍化したものです。本書籍の出版を記念して、cakesでの連載を順次、無料公開中です。

『野食ハンターの七転八倒日記』(茸本 朗・著/平凡社)

「野食」とは、野生の食材をとって食べること。

野食ハンターの茸本朗さんは、おいしい食材を求めて日々東奔西走。時にはウツボに噛まれ、時には毒きのこに中毒し…。

それでも「おいしいものが食べたい!」という強い思いから、新たなおいしい食材を求めて走り回ります。爆笑必至の失敗談のほか、身近で採れる意外とおいしい野生食材、一般には知られていないおいしい食材などの情報が満載です。

連載第1回が30万PVを超えた大人気連載が、ついに書籍化!

▼cakesの連載ページ

著者略歴 茸本 朗(たけもと・あきら)

野食家。1985年、岡山県生まれ。幼少期、親から買い与えられたキノコ図鑑を読み、「自分で採ってみたい!」との衝動に駆られる。ついで小学5年生のときに釣りにハマり、現在も愛用する出刃包丁を買ってもらったことで、「自分でとった野生の食材を料理して食べる」野食の道に入る。

2012年に開設した「野食ハンマープライス」は月間100万PVの人気ブログ。近年はテレビ番組への情報提供や出演、雑誌への寄稿も多い。著書に『野食のススメ 東京自給自足生活』(星海社新書)」、原作を手がける漫画作品に『僕は君を太らせたい!』(作画・横山ひろと、小学館、現在3巻まで刊行)がある。 

 Twitter:@tetsuto_w

茸本 朗(たけもと・あきら)さん コメント

自分の失敗談を人に話すことは、恥ずかしく、情けなく、それでいてなぜか楽しく、ついついやってしまうもの。皆さんもきっと経験があると思います。

それはそれとして、世の人々というのはなぜか、いい大人がヘンなものを食べてひどい目に遭う話が大好きです。なのでぼくがそんな目にばっかり遭っているという話をすると、みんな目を輝かせて食いついてきます。

そんな感じで、話をしたい茸本と話を聞きたい皆さまのカルマがcakesのサイト上で絡み合い、スタートしました連載「野食ハンターの七転八倒日記」がこのたび単行本になりました。全くありがたい限りです。この印税でまた変な食材(?)を手に入れる旅に出たいと思います。

皆さまどうぞ自分に一冊家族に一冊、そして食べられた食材への供養の気持ちでもう一冊、全部で三冊はご購入いただけますとありがたいです。どうぞよろしくお願いいたします。


cakes(ケイクス)
https://cakes.mu/

cakesは多数のクリエイターや出版社と提携しているコンテンツ配信サイトです。読者とクリエイターをより身近に結びつけることで、コンテンツとの新しい出会いの場を提供します。cakesには無料で楽しめる記事もたくさんありますが、有料会員(週150円、月額500円)になるとすべての記事を好きなだけお読みいただけます。2012年9月にスタートし、現在の配信コンテンツは2万本以上にのぼります。

iOSアプリ :https://itunes.apple.com/app/apple-store/id636423893
Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.cakes

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。