note社員の登壇情報まとめ(2021年10月)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

note社員の登壇情報まとめ(2021年10月)

この記事では、2021年10月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。

※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます!

noteプロデューサー 徳力(noteTwitter

採用につながる情報発信 〜ありのままを、正しく伝えるオープン社内報の舞台裏〜

日時 2021年10月5日(火)12:00-13:30
参加方法 無料。イベントページから申し込みください。

今回は、「採用につながる情報発信」をテーマに、オープン社内報を活用した情報発信についてお話しいただきます。オープン社内報を行う狙いは何か、運用を継続することで得られた効果等についてお話しいただきます。採用広報や発信を通じたインナーブランディングについて気になっている方は是非ご視聴ください。

愛されるブランドの作り方

日時 2021年10月7日(木)14:30-
参加方法 無料。イベントページから申し込みください。

自分の会社の商品やサービスを、顧客に愛されるブランドに育てたい、というのは多くの経営者やマーケターが考えることだと思います。
特にSNSの普及もあり、愛されるブランドほど、ブランドを愛しているファンが商品の魅力を拡げてくれる時代になったのは、非常に大きな変化だと言えるでしょう。
ただ認知が高いブランドや、売上が大きいブランドが、必ずしも愛されるブランドになれているわけではありません。
愛されるブランドをつくるためには、どのような努力や工夫が必要なのか。
「ブラックサンダー」「亀田の柿の種」「BOTANIST」という3つのブランドの取り組みを軸に議論します。

note人事 中西(noteTwitter

【すごいベンチャーの働き方】noteの人事が実践している企業カルチャー進化論

日時 2021年10月7日(木)18:00-19:00
参加方法 無料。イベントページから申し込みください。

テーマは、「noteの人事が実践する企業カルチャー進化論」とは!?
コロナ禍以降、リモートワークを基本とする「フレキシブル出社制度」を導入。
その後、社員数が倍増するなかで、いかにカルチャー浸透を図り、
社員の一体感を醸成してきたのかを伺います。

noteコーポレートIT 石川(noteTwitter

GitHub as the source of truth for configuration in Jamf Pro

日時 2021年10月20日(水)10:30-11:00
参加方法 無料(事前登録制)。イベントページから申し込みください。

Learn the tools and knowledge to put your configuration under version control.
・Code management of the various settings for Jamf Pro
・Save the configuration files in the GitHub repository and use GitHub Actions to automatically deploy them to Jamf Pro
・Change management and version control are made possible on the GitHub side, and traceability and "Source of Truth" are realized

notePM 石坂(noteTwitter

noteの1人目PMが語る「自律分散型チーム」の作り方

日時 2021年10月21日(木)19:00-20:10
参加方法 無料(事前登録制)。イベントページから申し込みください。

noteは、2021年6月にはじめてプロダクトマネジャーチームを組織しました。一人目のプロダクトマネージャーとなったのは、エンジニアチームの一人だった石坂さん。これまでプロダクトマネージャー的役割を担っていたCEOの加藤貞顕さん、CXOの深津貴之さんからの権限委譲のリアルや、自律分散型チームを作るための仕掛けをお話しします。

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

ありがとうございます。日常の小さな工夫も、すべてがクリエイティブ!
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。