マガジンのカバー画像

オープン社内報

108
一般的には社員しか見ることのできない「社内報」をだれでも見られるように公開することで、会社の中の様子を感じとってもらう記事です。
運営しているクリエイター

#noteオープン社内報

入社後、すぐに発揮するバリューの出し方

note で一緒に働く友のバリューを紹介する企画「#バリューバトン」。前回、紹介していただきま…

kimuko
7日前
25

多様なクリエイターを応援するための新スタート! noteのロゴ変更&上場当日の様子を…

2022年12月21日、note株式会社は東京証券取引所のグロース市場に上場し、同日にロゴもリニュー…

note株式会社
1か月前
118

データ活用の文化を広げる!ワークショップをやってみた

データを正しく扱えば新しい道を切り開ける! そんな想いを持ち、noteでデータを活用しながら…

21

「#読書の秋2022」にさいして、note社メンバーにおすすめの本をきいてみました📖🍂…

自分が読んだり、みたりして「おもしろかったな」「好きだな」と思った作品を、みんなにおすす…

87

とってもクリエイティブなnote社の経理チームを紹介します!

みなさま、こんにちは! note株式会社で総務を担当しております秋山です! 今回はなんと・・…

39

noteだからこそ、多様性のあるコンテストを──#オープン社内報

「noteから芥川賞を出したい」。2年前の社内インタビューで、そんな話をした。なんと大それた…

志村優衣
8か月前
156

自分のオンボーディングを自分でつくった話〜居場所を感じるオンボーディング〜

はじめまして。こんにちは。noteでプロダクトマネージャー(以下PdM)をしているじつぞん(@jitsuzon)です。 3週間ほど前にnoteに入社しました。オンボーディングの真っ最中なのですが、自分でオンボーディング資料をつくりました。謎な文ですね。 というのも、note社は組織として急拡大しており、PdMにはまだ十分に整ったオンボーディングドキュメントはありませんでした。リーダーやチームメンバーとの丁寧なやりとりで不安は少ないものの、次に来るメンバーや自分のオンボーディン

note社で社内コミュニケーションを活性化してみた

こんにちは、note 人事のねるです。 最近はだいぶ春の陽気で、東京も桜が開花したとのこと!…

ねる
10か月前
44

存在だけで圧倒的な安心感!コーポレートITチームのすごさを聞いてほしい#バリューバ…

前回note社内のオープン社内報「バリューバトン」にてバトンを受け取ったので、全力疾走でこの…

Kayo Miyata
11か月前
24

育休を取得したnoteの男性社員に、取得前〜復帰後まで、どんな感じだったか聞いてみま…

社員の4人に1人が子育て中(2021年5月時点)で、パパママでも働きやすい雰囲気があるnote社。 …

61

“noteで働く”を支えるOrganization Successメンバーの話 …

note社内のオープン社内報「バリューバトン」.しばらくデータ周りの人が続いているので今回は…

「オンライン部活」のススメ/note社のコミュニケーション文化

大オンライン時代の到来とともに、さまざまなコミュニケーションの手法が生まれました。オンラ…

KOJIMA
1年前
39

note社員のみんなが参加するアドベントカレンダーまとめ🗓

クリスマスはもうすぐそこ! クリスマスまでを楽しくカウントダウンする「アドベントカレンダ…

24

週1の全社会議をもっといい場に! 試行錯誤の歴史を振り返ってみた

ほぼ全社員がリモート勤務になって、はや1年半。なかなか顔を合わせる機会がないなかで、いかに社員の結束を高めるか、カルチャー浸透を図っていくか。 ご多分にもれず、note社もその課題とつねに戦っています。よね?社員のみなさん。 社内ではいろんな施策が行われています。このオープン社内報では、わたしが運営にかかわっている「全体会(週に1度、noteの全社員が一同に会する場)」の試行錯誤の歴史をご紹介します。 昔からいる社員のみんなは「そういや、そうだったわ」と振り返っていただ