マガジンのカバー画像

プレスルーム

636
note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/ca もっと読む
運営しているクリエイター

2020年6月の記事一覧

note社員の登壇情報まとめ(2020年7月)

このnoteでは、2020年7月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。 ※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます! noteディレクター(公共・教育担当) 中野  (note:@maikoo/Twitter:@Maaikkooo)“ニューノーマル時代のまちづくり”の課題と未来を徹底討論 「Smart City TV」 日時 7月6日(月)19

スキ
31

cakesの人気連載「おばさんデイズ」の書籍化第2弾。 『おばさんデイズZ』が扶桑社から6月26日に発売!

マンガ家・まめさんがコンテンツ配信サイトcakesで連載している日常系ギャグマンガ「おばさんデイズ」の第2弾書籍『おばさんデイズZ』が、扶桑社から6月26日に発売されます。cakesに掲載された作品に描き下ろしを加え、構成されました。 第1弾の書籍『おばさんデイズ』はnoteが60のメディアパートナーと連携して、新しい才能を世に送り出す「noteクリエイター支援プログラム」をきっかけに実現。書籍化が好評だったため、続編となる『おばさんデイズZ』の出版が決まりました。 「だ

スキ
308

noteに投稿された写真家・青山裕企さんの作品『少女礼讃』が、写真集として6月26日に発売!

写真家・青山裕企さんがnoteで投稿してきた作品『少女礼讃(しょうじょらいさん)』が写真集となり、6月26日に青幻舎から発売されました。出版を記念し、コンテンツ配信サイトcakesでは書籍の内容を一部公開する連載をスタートする予定です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『少女礼讃』 写真家・青山裕企さんが、素性の明かされていないひとりの「少女」を謎めいた関係性で撮

スキ
443

noteは在宅勤務をベースとしたフレキシブル出社制度を無期限で導入します。フルリモート勤務可能な遠隔地採用も強化!

note株式会社は、7月1日から在宅勤務をベースとしたフレキシブル出社制度へ移行します。2020年3月下旬から原則在宅勤務、6月1日から在宅勤務推奨を行なってきました。 今後は期限を定めずに柔軟な勤務形態を採用して、ニューノーマルな日常に対応していきます。居住地にかかわらず勤務できるため、今後は遠隔地の方も積極的に採用します。 現在のオフィスは閉鎖せず、新設したイベントスペースnote placeをはじめ、ひととの出会いや対話で生まれる価値もかわらず大切にしていきます。ク

スキ
313

noteの月間アクティブユーザーが6,300万突破。法人利用も半年で倍増の1,600件に。

noteは2020年5月の月間アクティブユーザー(MAU※)が6,300万を超えました。新型コロナによる外出自粛要請が本格化した4月と5月に急増しています。会員登録数は260万人となり、1日に平均2.6万件が投稿される巨大なプラットフォームに成長しています。また、たくさんの方が利用する場所で自分たちのことを発信したい、社会との関係構築をしたいと考える企業や団体も増えたことで、累計1,600件の法人アカウントが開設されています。 ※MAU:1ヶ月にnoteを訪問したアクティブブ

スキ
328

noteで連載してきた上田聡子さんの小説が初の文庫化!『金沢 洋食屋ななかまど物語』7月8日発売

noteで連載してきた上田聡子さんの小説が、文庫『金沢 洋食屋ななかまど物語』としてPHP文芸文庫から7月8日に発売されます。 noteが60のメディアパートナーと連携して、新しい才能を世に送り出す「noteクリエイター支援プログラム」を通じて、出版が実現しました。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『金沢 洋食屋ななかまど物語』 金沢にある洋食屋ななかまどの一人

スキ
477

noteのサークル機能、開始4ヶ月で参加者が15,000人突破。投稿の公開範囲をプランごとに選べる機能もふえました

noteの「サークル機能」の参加メンバーが15,000人を越えました。本機能はクリエイターが気軽に月額課金のコミュニティを作れるように2020年2月にスタートしたものです。目的や価値観をともにする相手との交流を深めたい方に使われています。 特に4月の緊急事態宣言にともなう外出自粛要請以降は、オフラインでひとと対面する機会が激減した影響から参加者数が急増しています。現在、サークルの開設数は2,000超、サークルオーナーとメンバーが交流につかう掲示板では10万件以上の投稿がされ

スキ
90

cakesクリエイターコンテスト2020の最終審査結果を発表します!

編集部からのコメントの一部表現を修正させていただきました。(2020年11月16日12:15時点) 2020年2月6日から約2ヶ月の間、noteの姉妹サービス「cakes」とコラボして行った「cakesクリエイターコンテスト2020」コンテスト。期間中には、なんと6,172件もの作品をご応募いただきました! すてきな作品を多数ご応募いただき、ありがとうございます! 選考の結果、優秀賞7名、入選13名、佳作37名の受賞が決定しました。cakes編集部からの講評コメントと合

スキ
696

note社員の登壇情報まとめ(2020年6月)

このnoteでは、2020年6月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。 ※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます! CTO・今 (note:@konpyu/Twitter:@konpyu)【ガオトーク】0→1エンジニア創業期振り返りトークライブ Vol.2 日時 6月18日(木)19:00〜21:00 場所 オンライン 創業期の0→1を経験

スキ
26

【登壇情報】6月17日、オンラインイベント『「偶然の出会い」を生むコミュニティの作り方』にnoteCEO・加藤が登壇します

6月17日(水)19時半からBusiness Insider Japan編集部主催のオンラインイベント『「偶然の出会い」を生むコミュニティの作り方』にnote CEO・加藤が登壇します。 もうひとりのゲストは、Morning Laboの中村朝紗子さん。自分にとって心地の良い場所とは何か? そして、コロナとともに生きていく今、オンラインでもオフラインのような「偶然の出会い(出合い)」はどうしたら得られるのかについて考えます。 新たな時代を生きるヒントを知りたいという方、ニュ

スキ
33

noteで人気の京大生ホステス・灯諸こしきさん初の著書 『京大生ホステスが教えます。99%の男がしていない恋愛の超基本』が7月15日発売!cakesで本日より先行公開

恋愛術の記事がnoteで人気の京大生ホステス・灯諸(とうもろ)こしきさん初の著書『京大生ホステスが教えます。99%の男がしていない恋愛の超基本』が、7月15日にSBクリエイティブから発売されます。 灯諸こしきさんがnoteで公開してきた記事を大幅にリニューアルし、書籍化。出版を記念して、コンテンツ配信サイトcakesでは、書籍全文を公開する連載を、発売に先行して6月9日からスタートします。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これ

スキ
258

noteで話題のトキワセイイチさん「きつねとたぬきといいなずけ」が月刊コミックガーデン 7月号で連載スタート

マンガ家・トキワセイイチさんが自身のnoteで発表をはじめ、自費出版も話題をよんだ「きつねとたぬきといいなずけ」が『月刊コミックガーデン』7月号で連載スタートしました。 本作品は2018年開催の「第二回cakesクリエイターコンテスト」でnote賞を受賞。今回の連載ではすべての話があらためて描き直され、新しいエピソードも追加、巻頭カラーをかざっています。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動を

スキ
395

【出演情報】6月9日放送、Twitterライブ番組「#ハフライブ」にnoteプロデューサー・最所が出演します

6月9日(火)21時放送、Twitter×ハフポストによるTwitterのライブ番組「#ハフライブ」にnoteプロデューサー・最所が出演します。 もうひとりのゲストはローソン社長の竹増貞信さん。ローソンのプライベートブランドのリニューアルについて聞きながら、ポストコロナ時代のコンビニについて考えます。 ハフライブでは、ハッシュタグ #ローソンPBに思う で、みなさんからのご意見を募集中です。 放送日時:6月9日(火)21:00〜 放送場所:ハフポスト日本版 Twitte

スキ
22

コメントでだれかを傷つけないよう、ひと呼吸いれる確認画面をつけました

ひとを傷つける感情的なコメントを減らすため、noteでコメントをする前に確認画面が出るようになりました。本日以降の初回コメント時に表示されます。 確認画面をつくった背景 だれでも、うっかり感情的な言葉を放ってしまうことがあります。 たまたま機嫌が悪かったり、仕事や人間関係がうまくいっていなかったり、そういうときは、意図せず他者に強い言葉をぶつけてしまいがちです。 noteでは、そのようなミスはだれにでもありえるという前提で、懲罰よりも、未然の防止を大切にしたいと考えてい

スキ
879