マガジンのカバー画像

プレスルーム

583
note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/ca もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

漫画家・月本千景さんのnoteが書籍化!『学校に行けなかった中学生が漫画家になるまで』が12月9日に発売されました

noteで、漫画家の月本千景さんが連載したマンガ「病気で学校に行けなかった私が漫画家になるまで」が、『学校に行けなかった中学生が漫画家になるまで-起立性調節障害とわたし』として中央公論新社から2021年12月9日(木)に発売されました。本書は、月本さんが中学生の頃に発症した「起立性調節障害」について、その症状や付随して起こる人間関係の悩みなどを振り返ってつづられた闘病コミックエッセイです。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これか

スキ
25

アソビュー代表・山野智久さんのnoteが書籍化!『弱者の戦術 会社存亡の危機を乗り越えるために組織のリーダーは何をしたか』が12月1日に発売されました

noteで、アソビュー株式会社代表取締役CEOの山野智久さんが投稿した記事「コロナ直撃のベンチャー経営者は、緊急事態に何を考え、そして実行したのか。」などをまとめた書籍『弱者の戦術 会社存亡の危機を乗り越えるために組織のリーダーは何をしたか』が、ダイヤモンド社から2021年12月1日(水)に発売されました。山野さんは、コロナ禍が直撃し一時は売り上げゼロを記録しながらも、見事会社の立て直しに成功するまでのプロセスをnoteで発信したことで話題に。本書には、企業として、ひととして

スキ
19

noteに月刊特集メディアがオープン!季節・トレンドごとにクリエイターの記事を紹介します

noteは、月刊特集メディアを新設しました。 毎月、雑誌のように季節やトレンドにあわせた特集テーマを設定し、noteクリエイターの記事をまとめて紹介していきます。1月の特集テーマは「みんなが書いた!2022年はこんな年」。 「#2022年を予想する」や「#2022年のわたしとお金」などのお題で記事が集まり、web3やD2C、マーケティングのトレンドを予想したものや、元旦の新聞広告まとめなど、新年にふさわしい記事を読むことができます。 noteは、クリエイターの魅力を世の

スキ
37

免疫学者・新妻耕太さんの著書『コロナ時代に知っておきたい 免疫入門』がnoteの「スマート新書」で1月4日に発売!

note株式会社(本社:東京都港区)は、1月4日(火)に「スマート新書」シリーズで21冊目となる新刊、『コロナ時代に知っておきたい 免疫入門』を発売します。免疫学者・新妻耕太さんによる、ウイルス、免疫、ワクチンの基本がわかる一冊です。本書のもとになった連載はコンテンツ配信サイトcakesで掲載中です。 「スマート新書」は、2017年12月にはじまった“手のひらにおさまる教養“をコンセプトにした、スマートフォンサイズの新書のシリーズです。 「だれもが創作をはじめ、続けられる

スキ
16

【掲載情報】noteと「NPOカタリバの校則見直しプロジェクト」の連携が、各メディアで紹介されました

2021年9月27日、noteは認定NPO法人カタリバが取り組む、生徒主体で校則を見直す「みんなのルールメイキングプロジェクト」に協力することを発表しました。 本発表について、各種メディアで紹介いただきました。 教育新聞EdTethZineAMP先端教育EdTech Media

スキ
15

文筆家・藤岡みなみさんのnoteが書籍化!『ふやすミニマリスト』が12月21日に発売

noteで文筆家・藤岡みなみさんが投稿したマガジン「所持品0から100日間暮らす」が『ふやすミニマリスト』としてかんき出版から12月21日(火)に発売されます。藤岡さんは所持品ほぼ0から1日に1つだけモノを増やす100日間の様子をnoteに投稿したところ話題に。暮らしを再発見していく感覚を一緒に味わえる一冊です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『ふやすミニマリスト

スキ
282

noteの「#買ってよかったもの 2021」記事分析レポートを発表!今年は日常生活の心地よさを追求し「こころを満たす」傾向に

noteは、昨年に続き2021年に「#買ってよかったもの」をテーマにnoteで書かれた記事約1.5万件の分析レポートを発表しました。 今年は、買い物の意味に変化が。昨年は困りごとに対処するため機能性重視の買い物が多かった一方、今年は、不安定な状況が続くなかでこころを満たすための買い物が増えました。セルフケアのための買い物や、買う行為そのものを楽しむエンタメ化の傾向が見えてきています。 2018年から毎年末の恒例として、「#買ってよかったもの」をお題に投稿を募集しているこの

スキ
46

noteが『Ruby biz Grand prix 2021』でDigital Media賞を受賞しました

noteは、プログラミング言語「Ruby」を活用したITビジネスコンテスト『Ruby biz Grand prix 2021』においてDigital Media(デジタルメディア)賞を受賞しました。 Ruby biz Grand prix 2021とはRuby biz Grand prixは、プログラム言語「Ruby」を活用して、ビジネスの領域で新たな価値を創造し、今後の発展が期待できるサービスや商品を表彰するグランプリ。第7回開催となる『Ruby biz Grand pr

スキ
50

家族の統合失調症に向き合いつづられたnoteが書籍化!第三書館から12月15日に発売

noteで高島利行さんが書いた記事が『シネシネナンデダ日記』として第三書館から12月15日(水)に発売されます。高島さんは統合失調症を発症した10代の娘さんとの暮らしをnoteに投稿。統合失調症に向き合う父子の奮闘が書かれた一冊です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『シネシネナンデダ日記 統合失調症の娘と生きる』統合失調症は糖尿病とあまり変わらない程度の罹病率を持

スキ
336

地質学専門家・橋本純さんのnoteが書籍化!『教養としての「日本列島の地形と地質」』が12月17日に発売

noteで地質学専門家・橋本純(ゆるく楽しむ)さんが書いたマガジン「都道府県シリーズ:インデックス」が『教養としての「日本列島の地形と地質」』としてPHP研究所から12月17日(金)に発売されます。橋本さんは自然災害について知ってもらいたいという思いでnoteに投稿。日本列島の地形や地質の歴史をわかりやすく解説した一冊です。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『教養と

スキ
310

noteが数式機能を開発!あらゆるクリエイターの創作支援をめざし、機能を拡充

noteは、投稿画面で数式が書ける機能を全会員向けにリリースしました。 これにより、算数・数学の解説、経済学や金融、マーケティングの理論の解説、論文の執筆など、数式でしか表現できなかった創作が発信できるようになります。 noteは、クリエイターがあらゆる表現ができるよう、今後もさまざまな機能開発を行なっていきます。 使い方noteでは、文章中に数式を埋め込む「インライン数式」と新しい段落に表示する「ディスプレイ数式」の2種類の数式記法を利用できます。表現記法には、他のサ

スキ
43

小説家・吉本ばななさんのnoteが書籍化!『新しい考え どくだみちゃんとふしばな 6』が12月9日に発売

noteで吉本ばななさんが連載している、「どくだみちゃん と ふしばな」の書籍シリーズ第6巻『新しい考え どくだみちゃんとふしばな 6』が幻冬舎文庫から12月9日(木)に発売されます。「どくだみちゃん と ふしばな」は、2016年7月よりnoteで開始した吉本ばななさんの人気連載。本書は、noteで連載された原稿に、加筆・修正を行ったものです。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートして

スキ
302

お笑いグループ「ぼる塾」酒寄希望さんのnoteが書籍化!『酒寄さんのぼる塾日記』が12月17日に発売

noteでぼる塾・酒寄希望さんが書いた記事が『酒寄さんのぼる塾日記』としてヨシモトブックスから12月17日(金)に発売されます。本書はnoteの記事の加筆、100ページ以上の書き下ろしを加え構成。お笑いグループ・ぼる塾の3人がブレイクした時の心境や妊娠から出産までのエピソードをはじめて語っています。 「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げる私たちは、これからもクリエイターのみなさんの活動をサポートしていきます。 『酒寄さんのぼる塾日記』大人気の女

スキ
266

note社員の登壇情報まとめ(2021年12月)

この記事では、2021年12月にnoteの社員が登壇するイベント情報をまとめています。参加者受付中のものもありますので、興味がある方はイベントの公式ページをご覧の上、ぜひご参加ください。 ※勉強会やイベントへのお声がけ、ありがとうございます! noteマーケティング 高越(note/Twitter) " note "を活用した、シェアされやすい採用広報コンテンツのつくり方 〜SNSの口コミデータ起点で、企業のアトラクト事例も解説〜 日時 2021年12月16日(木)10

スキ
3