マガジンのカバー画像

noteのみんなのつくってみた・やってみた

126
noteで働く仲間がつくってみた・やってみたことについて書いた記事をまとめるマガジンです。
運営しているクリエイター

#やってみた

社会人が3ヶ月かけてショパンの幻想即興曲を弾いてみた

今年の6月ごろからショパンの幻想即興曲の練習を始めて、3ヶ月後の9月、発表会で演奏しました。 幻想即興曲は有名でめちゃくちゃかっこいいんですが、自分にとっては指回しからリズムとりまで、苦戦したことばかりです。 自分の記録に加えて、楽器やピアノ、発表会に興味のある人にちょっとでも参考になればと思い、記事に残します! ※自分についてピアノは幼少期〜中学まで習ってた。「演奏するの好きだったなぁ」と思い出し、めちゃブランクを経て年始から再開。 難曲は先生に教えてもらわないと習

スキ
58

はじめて登山に行ってみた

週末、はじめての本格的な登山に行ってきました。 うっすら筋肉痛が残る今しか書けないnoteだと思い、いきおいに任せて書いていきます。 はじめての登山、どうだった?のぼった山は平標山(たいらっぴょうやま)。 群馬県 湯沢温泉駅からバスで30分ほどのところに登山口があります。 日帰りで、9:00-16:00と約7時間(うち休憩が1.5時間)のハイクでした。 ほぼ予備知識なしで、メンバーおまかせで行ってきました(メンバーにはほんとうに感謝🙏) ↓そのときの登山記録(YAM

スキ
51

AIでどこまでメカデザインできるか試してみた。かなりヤバかった。

ひたすら命令をチューニングして、カッコいいロボのコンセプトアートを作る実験。 以下、AIに平文で命令して作ったロボットのスタディ。(光やパーツ分割線は僕の趣味丸出しなので、これ系のロボットしか作れないわけではないです)。 Open-AIのDALL-E2、Disco Diffusion、MidJourneyなどなどから、自前のStyleGanやVQGan系を試したりClip系を試したり… 色々やって、よいパラメーターや命令の仕方がわかってきました。やはり、自分で実装やコー

スキ
487

写真がウマいから書く気がおきた

仕事中、気になる記事を見かけた。 同僚のかねともさんである。 と書いているが、note PR 担当のエース。 「撮影」「執筆」というPR二大要素に困っているなんて、由々しき事態だ。 CEOも、事態を重くみている。 新米のわたしだが、これは会社の未来を揺るがす、一大事と認識。 さっそく事態の収集に取り掛かることにした。 観察 まず、問題のかねともさんの写真をみてみよう。 まわりにごちゃごちゃしたものがなく、すっきりしている。 器用なかねともさんのことだ、 味もき

スキ
90

誕生日会はいくらかかるのか?1人でやってみた→1万円かかって愛を感じた

「恋人のために行う誕生日会っていくらかかるんだろう?」 「準備ってどのくらい大変なんだろうか?」 と、ふと疑問に思った。 考えてみれば32歳になって、今までパートナーに誕生日会をやってもらったことがない。 このままでは誕生日会の金額や大変さを知らないまま死ぬことになる。悔しい。それだけで地縛霊になりそう。誰か誕生日会を開いて成仏させてくれ。 くそう、生きているちに誰もやってくれないのであれば、自分で自分の誕生日会やってやるぜ!!!!!!! まさか32歳にもなって、1

スキ
43

盆栽鉢を金継ぎしてみた

買ったばかりの盆栽鉢を割ってしまった。 伸びざかりのミズキの木があったので、根っこを剪定するついでに鉢も新調しようと思ってたのに。 どうしよう。捨てるのももったいないし、接着材でちまちま直さなきゃいけないほど高いものでもない(それだったら買いなおしたほうが早い)。 よく見れば、まあ全面的に割れてはいるものの、粉々というわけではなかった。いっそのこと金継ぎでもしてみようか、と思ったのはこのとき。 先達に会うとはいえ金継ぎなんてやったことがないので、手をつけるの、めんどう

スキ
56

ななめ会議、やってみた

チームのマネージャーになると、フィードバックを「する」側になることが多く、「もらう」機会が減ってしまう。 そんなことはないだろうか。 だけど、たくさんの仲間と働いている以上、その仲間からフィードバックをもらって気づきにつなげたい! そんな思いから、やってもらいました、「ななめ会議」! ななめ会議とは? ななめ会議は、ヤフーが生み出した「マネージャーがメンバーからフィードバックをもらう仕組み」です。 対象となるマネージャーが不在の場で、第三者のファシリテーターがメンバー

スキ
74

4年ぶりの引っ越しが大変すぎたので工程をかいてみた

こんにちは、ねるです。 先日のオープン社内報で”引っ越しを控えている”と書きましたが、その週末に引っ越しました。 4年ぶりの引っ越しがめちゃくちゃ大変に感じたので、だれも興味がないであろう過程をつらつらと書いていきます。 家をみつける物件探しはタイムセール 前の家には、2018年の4月に上京してから4年間住んでいました。 2年経過し一度更新したタイミングで、「あぁ、次は引っ越すんだろうな〜」とぼんやり考えながら気づけば3年半以上が過ぎて1月。 そろそろ家を探さなくては、と

スキ
27

寿司からはじまる「やってみた」のゆるやかな連鎖

先日、お昼どきに寿司を握っている話を書いた。ぼくはこういう自分の「やってみたこと」は何かしら書きたくなってしまうタイプなのだ。 そもそもはnote代表の加藤さんにすすめられてやってみたところ、「寿司って意外とかんたんに握れるんじゃん」って気づいてしまった。リモートワークのランチにぴったりだった。 もちろんお店で職人さんが握ってくれるお寿司はまた格別だけど、ふだんのお寿司はこれで十分なんじゃないかっていうレベルまですぐにたどり着けた。 どうせ食べるのも自分なんだからおにぎ

スキ
83

ジンジャーシロップで割ってうまい炭酸飲料を探した→全部それなりだった

「ジンジャーシロップ作ってみよう!!!」と思ってやってみたら、超簡単だった。ネットに作り方いっぱい転がってるしね。 ほんとうはジンジャーシロップを作る苦労とかを書きたかったのだけだれど、このままだとなにも起きていない文章になってしまう。1072番煎じくらい薄い。 ▲参考にした動画 ということで、「ジンジャーシロップをいろんな炭酸で割って美味しい組み合わせを探してみよう」という企画にハンドルを切ることにした。 ジンジャーシロップをつくるだけの内容よりは幾分かはおもしろく

スキ
13

素因数分解を一緒にやってみた話

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
5

憧れのイラストアイコンをLancersで依頼してみた

noteに入社して驚いたことのひとつ、slackのアイコンがかわいい! イラストだったり、写真だったり、自分を象徴するようなものだったり… リモートワークがデフォルトということもあり、アイコンが親しみを持てるものだと、なんだかそれだけで話しかけやすい気もします。 一方、私のslackアイコンはというと、取り急ぎ設定した何の思い入れもない近影… 日を追うごとに、他の人のアイコンを見れば見るほどに、かわいいアイコンへの憧れの気持ちがふつふつと湧き出ていました。 そんな矢先、

スキ
41

3ヶ月間、朝活やってみた

こんにちは、kubopです。  noteでは部活動-習慣化という部活があり、そこでは、なんとかこれは習慣化して毎日やりたい!と思うことを宣言し、コツコツと習慣化していく。という文化があります。 例えば、私は毎朝7時にジムに行っているのですが睡眠時間が足りなくてジムでパワーが出ないなぁという課題感を持っていたので、 寝る時間をあらかじめ決めて、睡眠時間を8時間程度確保できるように22:30に絶対就寝する!という制約と誓約を心の鎖に宣言しました! (起きる時間を決めてしまう

スキ
33

ぐうたらな自分を変えるために、やる気について調べてみた

週末にアクティブなことをしたいのですが、結局家でゴロゴロしてしまうきむらです。例に漏れず今日もずっと家におりました。全部雨のせいにします。 やる気の仕組みについて知りたくなったので、色々と調べていたところ下記のプレスリリースに出会いました。 面白い情報が盛り沢山だったのと、自分なりに言語化しておきたかったので記事にしてみようと思います。 やる気は「予測される報酬」と「コスト」で決まるやる気は報酬量に比例するやる気は、労力と待ち時間に反比例する待ち時間は、報酬が得られるま

スキ
23