マガジンのカバー画像

noteのみんなのつくってみた・やってみた

126
noteで働く仲間がつくってみた・やってみたことについて書いた記事をまとめるマガジンです。
運営しているクリエイター

#写真

初めて目的のない旅行に行ってみた

これまで国内、海外いろいろな場所に行ったような気はするけど、どれも別の目的があって訪問することが多かったです。 学生のときはダンスの大会だし、社会人になってからはカンファレンスや勉強会、登山などなど。(ここでいう旅行は都道府県や国をまたいで移動し、1泊以上宿泊することを指します) ただ、今年は副業やiOSDCの登壇などで夏前〜夏にかけてとても忙しくなってしまい、ちょっと現実逃避がしたくなりました。 そういう時にどこに行こう?というのがパッと思いつかず、自分の中で色々候補を探し

スキ
34

写真がヘタな私がみんなのアドバイスをふまえて撮ってみた

優しい。みんな優しすぎる。 お蔵入りさせるのもアレだし恥晒すかぁ、くらいの気持ちでぺろっと公開した投稿。 それに対して、なんとnoteのコメント、Twitterでのリプライ、見えないところでのDM、社内Slackなどあらゆるところからアドバイスがもらえたのだ。 おすすめ記事も教えてもらえた。これは共感したし、とてもわかりやすかった。 そして、身をもって教えてくれる女神のようなひとまで…! なんて優しいインターネットなの!!! ひとに甘えたり悩みを相談するのが苦手な

スキ
52

写真がウマいから書く気がおきた

仕事中、気になる記事を見かけた。 同僚のかねともさんである。 と書いているが、note PR 担当のエース。 「撮影」「執筆」というPR二大要素に困っているなんて、由々しき事態だ。 CEOも、事態を重くみている。 新米のわたしだが、これは会社の未来を揺るがす、一大事と認識。 さっそく事態の収集に取り掛かることにした。 観察 まず、問題のかねともさんの写真をみてみよう。 まわりにごちゃごちゃしたものがなく、すっきりしている。 器用なかねともさんのことだ、 味もき

スキ
90

AIを一週間トレーニングしたら、素敵な世界を出力しだした

AI勉強1ヶ月目。風景画を生み出すAIをトレーニングしました。 トレーニング期間1週間ほど。 遠目にはボブ・ロスに戦いをいどめそうなレベルには、育ちました。 以下、AIがジェネレートした存在しない風景による、異世界紀行です。 カードゲームの地形カードや、ゲームの初期コンセプトアートとしては使えるレベルの画像を、無限に出力できるようになりました! 地形別のサンプル 平地平野は安定して出力できます。多くはダート系なのですが複数種が混ざったり、麦、菜の花、茂みなどが生まれ

スキ
234

寝てる間にふたご座流星群を撮るためにやったこと

天気予報系のアプリから13日、14日にかけてふたご座流星群が見れるかもしれないという通知を見て「これは撮影してみたい」と思いました。 引っ越す前に住んでいた家は1階で角部屋だったけど、窓からどこを見ても建物が建っており空の撮影には向かない環境でした。 今は南にも北にもベランダがあり、割と開けているので撮影できるかも?と思ったので挑戦してみました。 事前トライ12日(日)の深夜に現状の環境でどれぐらい撮れるのかを確かめるために撮影してみました。 星は割と撮れてるな?と思いま

スキ
18
有料
100

SIGMA fpで飛行機の撮影にチャレンジしてみた

SIGMAの回し者かと思うレベルでfpのことばかりnoteに書いてますが、今日もfpネタです。 細く長くやってきたカメラ趣味なんですが、いつかどうしても撮ってみたかった被写体がありました。それは飛行機。 撮りたい撮りたいと思いつつ、バズーカみたいに長くてゴツいレンズを買うという経済的なハードルや、それを振り回して写真を撮るという心理的なハードルを超えることができず、ずっとやらずじまいでした。 しかし、今、note記事のカメラ率の高さからもわかるように、自分史上最大のカメ

スキ
12