noteのみんな

358
noteを書いたらリモート勤務中の転職も乗り切れた話

noteを書いたらリモート勤務中の転職も乗り切れた話

noteに入社して5ヶ月が経ったが、実はオフィスに行ったのは20回未満!いまだに外苑前のどの出口が一番近いのか迷ってしまうほど(笑) そんな私、転職がはじめてだったことや、在宅がベースのこの環境であったことも相まって、入社当初はかなり緊張気味だった気がする。直接会ったことがない会社の仲間とどうコミュニケーションを取ればいいのか、ちょっぴり心細くて毎日不安だったかも。 ZOOMのMTGは顔がドアップに映る。毎日不安そうで緊張しているのは、みんなにバレバレだったようだ。 「

41
新卒時代に学んだ!社会人5年目になっても大事にしている3つのことば

新卒時代に学んだ!社会人5年目になっても大事にしている3つのことば

人生で初めての転職をして丸5ヶ月。noteに入ってから5ヶ月と言われると「えっ、もっと経ったよね?」みたいな気持ちになるし、だからといって前職のマクロミルを卒業してから5ヶ月と言われると「昨日までマクロミルで働いてなかったっけ?」という気持ちになる。 noteでの仕事は毎日刺激的で1週間が本当にあっという間だ。物凄いスピードで物事が動いていくし、その波に乗っていくのが最高に楽しい。(サーフィンしている時のあの感覚に似てる。) 一方で、この5ヶ月でマクロミルで過ごした時間が

38
2社で広報アシスタントしてます

2社で広報アシスタントしてます

この半年でキャリアに変化がでてきたので、報告がてら書きます。 今まで、フリーランスのライターと名乗っていましたが、そんなにライティングを得意と思っていなかったので、どこかの段階でライターのセカンドキャリア的に広報に乗り移りたい(戻りたい)と思っていました。 ▽広報に挫折した経緯はこちら  ちなみに、この時死ぬほど働いた経験がないことがコンプレックス、と書いたけど、今は 9:00〜17:00 働く 22:00〜24:00 働く 昼ごはんは15分くらいで済まして、社会人に

62
CSのオペレーション設計と運用について

CSのオペレーション設計と運用について

突然ですが、私が普段何をしてご飯を食べているかというと、CS(カスタマーサポート)チームのマネジメントというものが主です。 気がつくとトータル10年弱ほどこの職種なのですが、マネジメント業務の一つにオペレーションの設計と運用というものがあります。 これについて割と初期段階の作業をしている最近の私自身の状況もあり、noteに書いてみようと思いました。 具体的には以下を指します。 1. 業務の手順を決める 2. その手順で行えるように指示をする 3. 実際に行われ

54
この春、noteで働きはじめました。

この春、noteで働きはじめました。

「会社も辞めることだし、これからは自分のこと、もっと発信していかなきゃな。」 そんな想いでnoteを書きはじめたのは、2018年の秋。1本目の記事は、どう書いたらいいのかわからなくて、2000字にも満たない内容を10時間以上かけて書いたことを今でも覚えています。 あれから1年半。ゆるやかに書きつづけていたnoteのおかげで、フリーランスとしていただいたお仕事や生まれた出会いがたくさんありました。 そしてついには、そんなnoteで働くことになりました。 この先、忙しい毎

147
noteをポートフォリオ代わりに使うのがおすすめな理由

noteをポートフォリオ代わりに使うのがおすすめな理由

先月、noteのディレクターとして、クリーク・アンド・リバー社の「ポートフォリオ」に関するイベントに登壇しました。 今回はライターの方々を対象に、まだポートフォリオを持っていない人はnoteをポートフォリオ代わりにするのがおすすめだよという話をして、自分でしゃべりながら整理ができたので、その内容を改めてnoteに残しておこうと思います。 ・・・ ポートフォリオの定義 ポートフォリオの語源は、portaは「運ぶ, 支える, 保つ」という意味を持つ接頭語で、foglioは

434
仕事を選ぶ、または続ける3つの基準について

仕事を選ぶ、または続ける3つの基準について

ピ社に入社して1ヶ月が経ちました。 皆さん、区切りの節目でこれまで携わった業務について書かれたりするのですが、私はまだ自分の言葉で表現できないので、たくさん聞かれた「何故転職したの」について、ふと思い出したことを書こうと思います。 3つの基準(動機)というのは、新入社員の頃に当時の上司に何気なく言われた言葉です(どこかに出典があるのかどうか、今となってはその上司が言ったこと自体を覚えているかも不明なので未確認です。ごめんなさい)。 とてもシンプルかつ普通で「1.金につく 2

45
就活をやめて、note編集部に入った私が今年一年で感じた、noteの好きなところ

就活をやめて、note編集部に入った私が今年一年で感じた、noteの好きなところ

今年の春、ピースオブケイクのnote編集部で働きはじめてから、あっという間に9ヶ月が経とうとしています。 大学卒業後、私は就職をせずに社会人となりました。自分のやりたいことと人生の選択のタイミングがあわなかったこと、自分に合った選び方ができなかったこと、理由はさまざまですが、とにかく新卒1年目のきっぷを切ることが、私が選べるような選択肢のひとつではありませんでした。 今回は、就職をせずにnote編集部で働きはじめた私が、この一年内側に携わってみて感じた、noteの好きなと

138
コーポレート系が実名で情報発信をしない理由と、それでもした方がいい理由を考えてみた

コーポレート系が実名で情報発信をしない理由と、それでもした方がいい理由を考えてみた

僕が素性を明らかにしてnoteを始めた時、「情シスが実名で発信するのは珍しい」というリアクションをいくつかもらいました。 ふとこれまでを振り返っても、コーポレート系の職種(※採用含む広報・PR除く)の人が実名で何かを発信するという事例は確かに少なかった気がします。今回はそのあたりの理由「から」ちょっと考えてみようと思います。 あまり情報発信がされない理由とは? その理由は大きく3つあると思っています。 1.そもそも守備的な人が多い あえて「保守的」ではなく「守備的」

38
note編集部で3ヶ月働いた今、思っていること。

note編集部で3ヶ月働いた今、思っていること。

大学を卒業してすぐに、ぼくはnoteを運営するピースオブケイク社(ピ社)でアルバイトをはじめました。 そして今、入社から、はや3ヶ月が経ちます。 社員の方々がつぎつぎと「入社して○ヶ月」のすてきなnoteを上げているなか(※)、「アルバイトだって書いてやろう!」という気もちで、ぼくの現状やお仕事について書いてみます。 (※社員の方々のnoteは下のマガジンからどうぞ!) 小説家をめざしています まずは、ぼくの現状について。 ぼくはこの3月まで慶應SFCに在学していました

245