noteのみんな

414

note社員に「noteやっててよかったこと」を聞いてみたら、発信することへの勇気がわいて…

note社には、個人のnoteで活発に発信しているメンバーがたくさんいます。趣味への熱い想いだったり、思い出話だったり、淡々とした日記だったり、内容は人それぞれ。noteに入社してからの仕事を振り返って書いているひとも多いですね。 ▲note社員のnoteがまとまっているマガジン ときどき、社内で「…

成長と変化を遂げるnote社に、オペレーション企画チームが生まれたわけ

note社は日々変化を繰り返しています。私が入社してはや10ヶ月ですが、あっという間に社員数が100名を超え、事業と組織のフェーズも変わってきました。2021年2月に組織を再編し、法人部門内にある事業開発チームが細分化され、オペレーション企画チームが誕生しました。ここでは、できたてほやほやのオ…

noteエンジニアのキャリアを聞いたら、人生いろいろだった

・アパレルで働く予定だったが気がつけば大規模インフラのエンジニアになった ・ハードウェアからソフトウェア業界へ転向しCTOになった ・大学生のときにプロジェクションマッピングがつくりたくてコードを書きはじめロボット業界にいった 上記に記載したひとたちは、すべて現在はnote社で働くエンジ…

褒めと感謝を伝える仕組みを爆速で作った、noteエンジニアチームのかっこよさを知ってほ…

仕事でわからないことがあっても、先輩や同僚に聞きにくい。他部署の人となればとくに! そんな遠慮の気持ちを持ったことはありませんか?人の時間をもらうのって申し訳なく思ってしまう。入社したばかりでも、そうじゃなくても、相手への気遣いができる人であればあるほど、心当たりがあるかもしれま…

リモートワークで社員同士の雑談を活発にする仕組みを解説してみた

雑談、してますか? わたしが所属しているPRチームでは、毎朝雑談タイムを設けています。どうでもいい、中身のない会話をすることが、チーム内で心理的ハードルを感じることなく提案しあえる空気を作っていると思っています。 「新しく入った人の顔と名前が一致しない」「ひとが多いSlackチャンネル…

note社のリモート全社会議を大解剖します!

こんにちは。note労務の宮田です。 noteに入って6ヶ月の私が、1週間の中でひそかに楽しみにしている時間をご紹介します。 それは週に一度、お昼の12時に行われる全体会と呼ばれるもの。 noteの全社員がお昼の1時間にZoomで集合します。 全体会というくらいなのだから、全員が集まって情報共有がされる…

Slackの使い方で企業文化がわかる!note社がよく使うカスタム絵文字

こんにちは、notePRチームの成瀬です。 noteの社内コミュニケーションはSlackで行っています。 はじめて見たときは、すごいリアクションが多い会社で、嬉しいなと思ったのを覚えています。基本的に🆗や✔︎、👍の3つだけを押してきた私としては、そんな絵文字があるんだ!?と驚きました。特にカスタ…

YOUはどうしてnoteに?ビジネスチームの場合

note社員のみなさん。一緒に仕事をするあのひとが、どんなひとなのかを知っていますか? 入社のきっかけという原体験に触れることで、対話のスタンスも変わってくるはず。なかなかリアルでは会えない今だからこそ、お互いを知る機会を増やしたい。 そんな思いから、勝手に新シリーズ「#YOUはどうして…

自分が入社時に困ったのでPMチームのローンチプランをつくりました

「はじめの1週間は慣れる。次の1ヶ月間は観察する。」それを新入社員の方にお願いし、立ち上がりサポートするのがローンチプランです。 2020年10月からnote株式会社ではPMチーム(プロジェクトマネージャーチーム)が発足し、11月から新たなメンバーも増えることとなりました。 そのため、新入社員が…

HRアワード2020表彰式に参加しました!

法人がnoteで発信をするためのサービスnote proが、「HRアワード2020 人材採用・雇用部門 優秀賞」を受賞しました。この記事では、11月に参加した表彰式の様子をレポートします! 会場は赤坂インターシティコンファレンス。参加者の間にアクリル板が設置されていたり、運営の方々はフェイスガードを…