noteのみんな

339

noteの書き方を相談する「合同カウンセリング」をnote社員が体験しました

創作を続けることって決して簡単じゃない。書くテーマがみつからなかったり、創作のための時間をつくれなかったり、思った反響を得られなくて心が折れて…

突撃!リモートワークでnoteエンジニアが愛用するキーボードとその使い心地を聞いてみた

リモートワークになってから、仲間の働く姿ってなかなか見れないですよね。どんな服装なのか、机の上は綺麗なタイプなのか、雑然としているタイプなのか…

“noteさん”ってどんな人?人格イメージをすり合わせるためのワークショップをしました

「noteっぽいね」「note らしくないよね」という社内での会話、よく耳にしませんか? note社では社員数も毎月どんどん増え、noteらしさのイメージがひ…

すばやく試そう!noteフェスの裏側で繰り広げられたすごいカイゼン3選

9/2〜9/5の4日にわたり開催された、創作の祭典「note CREATOR FESTIVAL」(通称noteフェス)。配信映像は累計29万回以上再生されるなど、みなさまのおか…

偏愛と信念でnoteを広める。カテゴリーディレクターたちの素顔

スポーツ、ゲーム、教育、音楽、マンガ・アニメ、アートなどなど、noteにはさまざまなカテゴリがあります。そのなかの一部カテゴリに専門特化し、関連す…

noteが進むべき方角へと導く。プロジェクトマネージャーの仕事観

「このひとのおかげで、成長とともに複雑化しかけていたnoteの開発が整理できた」 「開発プロジェクトのゴールが明確になったので、新メンバーが加入し…

Unityとnoteが語る、創作におけるコミュニティの役割

あたらしい日常がはじまるなかで、映画やマンガ、小説に心を助けられたひとも多いのではないでしょうか。また、自分自身でも日記やエッセイを書きはじめ…

クリエイターの影響力を最大化する。サービス思想を体現する「noteディレクター」とは?

「noteというシステムは、編集的な生態系。そのなかの人間にしかできない部分を手がけるのが、noteディレクターです」と語るのは、noteのCEO 加藤さん。…

noteのビジネスを率いる事業開発チームの強さは、圧倒的な推進力だった

noteの利用者急増とともに、note社では多岐にわたる取り組みが推進されてきました。 アソビシステムとの業務提携、各ECプラットフォームとの連携強化、…

アプリ単体ではなくnote全体を見据える、モバイルアプリエンジニアたちのまなざし

2020年6月12日、noteのiOSアプリは新たなアップデートを実施しました。アプリからアクセス状況をチェックできたり、マイページがウェブと同じレイアウト…