noteのみんな

387

チーム脳をもつと判断の質が抜群にあがる話

私たちの生活は判断の繰り返しで、誰もが良い判断をしたいと思っている。特に仕事においては、良い判断ができる人、イコール仕事ができる人になる。しかし、天才ならまだしも大抵の人は普通の人だ。そんなに簡単に良い判断ができるとは限らない。そんなとき、チーム脳をもっていると判断の質が抜群にあ…

iOSDC 2020に登壇します #iOSDC

もはや例年となっているiOSDCに登壇します。ここ3年ぐらいは早稲田大学で開催されていましたが、今年はコロナウィルスの影響もあってオンラインでの開催です。 iOSDC JapanはiOS関連技術をコアのテーマとした技術者のためのカンファレンスです。今回はオンライン開催です! iOSDC Japanと言えば日本中…

法人は、人であり、クリエイター。あたらしい時代の情報戦略の可能性を探る。#これから…

新型コロナウィルスの流行以降、企業とユーザーのコミュニケーションのあり方が大きな分岐点を迎えています。これまでの広告やプレスリリース、自社サイトのありかたは正解なのか、SNSやオウンドメディアとは、どのように付き合っていけばいいのか——? note社では、2020年7月3日にnote placeで開催…

noteに入社して1ヶ月がたちました。

noteに入社して早1ヶ月。弊社は在宅勤務をベースとしている事もあり、オフィスには両手で数えられるほどしか出社していないし、FacetoFaceで会えていない人が8割くらい!そんな特殊な環境ですが、とても刺激的な毎日を過ごしています。このnoteでは私の自己紹介と、入社にあたっての思いをまとめてい…

Unityとnoteが語る、創作におけるコミュニティの役割

あたらしい日常がはじまるなかで、映画やマンガ、小説に心を助けられたひとも多いのではないでしょうか。また、自分自身でも日記やエッセイを書きはじめてみたり、じっくり料理をつくってみたりと、創作にチャレンジするひとも増えているように思います。「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする…

noteに転職して2か月たった感想

誰のために 6月にnoteに入社をしてから、あっという間に2ヶ月が経ちました。 note社へ転職を考えられている方にとってはもちろん、転職自体を考えている方のためになればいいなぁと思って書こうと思います。あと、人事・採用職の方にももしかしたら少しお役に立つかもしれません。 転職活動に使った…

noteのエンジニアリングチームのこれから

こんにちは、note CTOのkonpyuです noteのエンジニアチームの試みやnoteのエンジニアが書いた記事を紹介するページがリリースされました noteでエンジニアがどのように開発をすすめているか、雰囲気が伝わるようにして参りますので、ぜひご興味ある方はフォローをお願いいたします さて、このページ…

noteで1年働いてみたら、自分が「普通」の人だというのを痛感することになった話

時が経つのは早いもので、仕事の軸足を昨年の7月からnoteにうつしてから、もう1年が経ちました。 正確に言うと、もう8月に入ってしまったので、400日が経過。 1年後に振り返り記事を書こうと思ってたのを、タイミングを逃してしまって、今慌てて書いてます。 いやー、この1年は、いろんなことがあり…

SIGIR'20 Keynote speakerから見るInformation R…

先日,SIGIR'20のkeynoteで,Norbert Fuhr氏がProof by Experimentation? Towards Better IR Researchというタイトルでプレゼンを行いました.訂正もなく多重検定を行っている論文は即座にリジェクトされるべきだと言ったメッセージもあり,その内容はかなりエッジが効いていました.それを簡潔にまと…

はじめまして、温子(あつこ)です

noteを書きはじめて丸2年、noteで働きはじめて約半年。今更ながら、自己紹介noteを書いていないことに気づき、せっせと書いてみました。 はじめましての方も、お久しぶりな方も、改めてよろしくお願いします! まじめな経歴 note株式会社 事業開発  高越 温子(たかこし あつこ) 2015年に株式会社…