noteのみんな

358
noteに入社して思うこと

noteに入社して思うこと

2020年7月1日にnote株式会社にサーバーサイドエンジニアとして入社した嶋本といいます。 早いもので約1ヶ月が経ちました。 今回はエンジニアとして中途入社した立場から、note に入社して感じたことを振り返ろうと思います。 はじめに自己紹介 経歴は、金融系SIer 5年 => 教育系スタートアップ 3年 => 医療系スタートアップ 1年半  => note入社 。SIerからいわゆるWeb系に転職してからは主に Rails で開発をしています。 Ruby, Rails

55
note iOSアプリの開発環境にXcodeGenを導入した

note iOSアプリの開発環境にXcodeGenを導入した

 突然iOSメンバーが1人から3人になったのでプロジェクトファイルのコンフリクト問題が目立つようになりました。メンバーが増えた話はラジオでもわいわい喋ってます。 ある程度の開発スピードを維持するためにはこういったコンフリクトなどの問題は少しでも取り外していきたいので、まずはお試しとして個人アプリにXcodeGenを導入してみました。しかし、1人開発だとコンフリクトすることもないのであまりメリットを感じず...やはり会社のアプリで試してみることにしました。 XcodeGen

54
監査法人からnoteへ転職しました

監査法人からnoteへ転職しました

6月30日をもって9年ちょっと働いた監査法人を転職し、7月1日よりnote株式会社へ入社しました。 noteでは財務経理に入り、経理業務、決算業務はもちろんですが、会計周りに紐づくビズサイドの業務フローの構築・整理などもやっていきたいと思ってます。 せっかくnoteに入社したので、いまの気持ちの整理とこれからの思いを残すため、私もnote書いてみようと思います。 1.転職を考えたわけ ①当事者になりたい 監査の仕事は、国家資格である公認会計士をもった者だけができる法

57
弁護士が法務からいつのまにか、いろんなしごとをするようになった話

弁護士が法務からいつのまにか、いろんなしごとをするようになった話

note社に関わるようになって1年2ヶ月が経ちました。note社で働いてますと言うと、よく、顧問弁護士ですか?と聞かれますが、社員として働いています。そして、いつの間にか、いわゆる法務以外の管理系のしごとの方が多くなりました。 1年目エントリを書こうと思いつつ、時がまたたくまに流れ、エントリが続々と出ているのを横目で見ているうちに、2ヶ月がたっていました。 1 ITベンチャー法務のしごと  note社に入ってから今に至るまで、以下のことをこころがけています。 ① 法務

131
「人は記事をちゃんと読まない」からはじまる意識改革

「人は記事をちゃんと読まない」からはじまる意識改革

仕事柄、日々投稿されるたくさんの記事を読みます。あたらしい視点をもらえる記事に出合えるとうれしくなる一方、もっとこうしたらいいのにな…と思ってしまうものもあります。 後者で感じるのは、書き手と読み手の「読む」に対する温度差を意識できていないことです。 基本的に、書き手は「記事を全部読んでもらえる」と思っているのに対して、読み手は「興味をひくものがあれば読む」というスタンス。興味をひかれなければ読まないと判断します。そこで大事なのが、読んでもらうための努力。それをしていない

1,134
noteのアプリエンジニアがわいわいするラジオ#7

noteのアプリエンジニアがわいわいするラジオ#7

note のアプリエンジニアがわいわいするラジオ 第7回です! iOS/Androidの話題をゆるっとわいわい話していきます。 今回は5月に入社したiOSエンジニア2人を迎えてわいわいしました。 初のリモート収録と不慣れな編集もありちょっと聞き取りづらい点があります。 ゆる〜く聞いてくれるとうれしいです。 --- ■ らぷらぷ https://note.com/laprasdrum ■ かっくん https://note.com/fromkk ■ かじゃむ https://note.com/kazyam ---- 00:00 リモート収録音合わせ 01:00 新メンバー紹介 05:30 インタビュー記事の話 https://note.jp/n/nbfca94db19c2 07:28 自動化の話 10:38 Zapier/Crowi/Redash の話 17:43 2人が4人になって(iOS だと1人から3人へ) 27:15 WWDC の話 41:10 オフライン WWDC の良さ 43:48 iOSDC の話 45:37 オフライン勉強会の良さ 46:13 オンライン & オフラインコミュニケーション 49:49 Bot の話 58:25 自動化の勘所 63:03 締め雑談 ---- ■ BGM: 魔王魂 https://maoudamashii.jokersounds.com/ ---- ご意見・感想、こんなこと話してほしい・聞きたいリクエストがあれば、コメントお願いします。 Twitterのハッシュタグ #poc_app でもご意見・感想などお待ちしてます。 https://twitter.com/search?q=%23poc_app ---- noteでは、iOS/Android 共にエンジニア採用中です。 興味があればぜひよろしくお願いします! ■ iOS https://open.talentio.com/1/c/note/requisitions/detail/11494 ■ Android https://open.talentio.com/1/c/note/requisitions/detail/11495 ---- 今後こちらのマガジンに記事を更新していきますので、よかったらフォローお願いします! ■ noteのアプリエンジニアがわいわいするラジオ https://note.com/operando_os/m/m4f4fc7db3b54

12
noteで人事として働き始めます

noteで人事として働き始めます

note株式会社に入社しました。 2人目人事として、主に制度設計や組織づくりに従事します。 人事の経歴としては3社目です。 今日は、入社エントリーとして、所信表明として、 これまでのこと、そしてこれからのことを書いてみたいと思います。 入社に至るまで 今回初めて、一度も会社を訪問せず、一度も従業員と対面で会わず、全てオンライン上で入社を決めたので、その背景やその時の気持ちについて振り返ってみたいと思います。 人事として入社する上で、社内の雰囲気やどんな社員がいるかを見

92
本を愛してやまないnoteディレクターがいま考えうる、出版社×noteでできること全部。

本を愛してやまないnoteディレクターがいま考えうる、出版社×noteでできること全部。

最近、出版社のnoteの利用が増えています。本が大好きなわたしとしては、出版社のあたらしい挑戦のお手伝いをできることが、とてもうれしいです。 今日は、「出版社がnoteをつかうとどんなことができるの?」「自社でHPをつくるのとなにがちがうの?」という疑問にお答えすべく、いま考えうる出版社がnoteでできることを、担当している文藝春秋さんの事例を中心にまとめていきます。 ちなみに、以下がこの記事の目次ですが、「書籍のプロモーションをする」「サブスクリプションメディアをはじめ

251
noteの広報PRチームを立ち上げた1年ちょっとを振り返る。

noteの広報PRチームを立ち上げた1年ちょっとを振り返る。

1年前の4月。社会人13年目にして、はじめての転職でnoteへ。そこそこ大きな決断をしてから、激動の1年間だった。 入社してから1年で、どのくらい環境が変化したかを図にすると、こんな感じ。MAU1,000万が発表されたときは、ちょうど転職をするか迷っていたときだった。 あのとき。それだけ利用者が増えている事実を会社のひとはもちろん、使っているクリエイターが我がことのように喜んでいるのが、なにより印象的だった。社員も経営陣もSNSで積極的に発信していて、外から見ていると「P

438
リモート入社した新入社員のアウェイ感の乗り越え方

リモート入社した新入社員のアウェイ感の乗り越え方

note株式会社に入社し10日ほどが過ぎました。面接から、入社日、入社後も基本リモートです。 将来は、森の中で、リスがどんぐりを窓際にそっと置いてくれる的な環境の中で、リモート勤務でバリバリ働きたい・・という夢をもっている私には願ったり叶ったりでしたが、正直戸惑いもありました。 アウェイ感、バーチャル感を感じがちなリモート入社、その乗り越え方について思うところを綴りたいと思います。 面接はオンライン、入社日もリモート勤務 note株式会社では、2020年3月下旬から原

113