noteのみんな

387

就活をやめて、note編集部に入った私が今年一年で感じた、noteの好きなところ

今年の春、ピースオブケイクのnote編集部で働きはじめてから、あっという間に9ヶ月が経とうとしています。 大学卒業後、私は就職をせずに社会人となりました。自分のやりたいことと人生の選択のタイミングがあわなかったこと、自分に合った選び方ができなかったこと、理由はさまざまですが、とにかく…

入社1ヶ月は、伝えることばに神経を尖らせる日々だった

noteをはじめたのは1年ちょっとまえ。文章を書くことが自分のプライベートのいろどりで、生きている実感となるわたしにとって、noteはことばを使って創作したいという自分の欲求を満たす場所でした。 それが、まさか仕事について書く日がくるとは思わなかった。けれど、間違いなく今、わたしはいわゆ…

実名でnoteを始めて半年経ちました。

先日とは違って、あんまり意識が高くない話を書きます。特に後半はひどい。 ------------------ 僕がインターネット上で実名で何かを書いたのは、下の所信表明noteが初めてでした。 そこから半年で書いた記事は20件あまり。大してバズりはせずとも、毎回確実にある程度の方には読んでいただけている…

心地よいタイムラインはあえてつくらない。クリエイターのバリューを最大化させるnoteデ…

noteで創作をはじめたことをきっかけに、メディアに作品が掲載されたり、書籍化が実現したり、あたらしいキャリアを切り拓いたりと、活躍の場を広げるクリエイターの方々がいます。その背景にいるのがnoteディレクターです。 noteディレクターはクリエイターが活躍するためのサポートをするひと。クリ…

POCに入社して気付いたら半年が経過していました

気がついたら季節は冬。6月1 日に僕がピースオブケイク(POC)に入社してから6ヶ月が経ちました。3ヶ月経過時には書き損ねたので、いま改めて、雑感をまとめておきたいと思います。 半年経った率直な感想 なんかすげーとこ来ちゃったな、と。 毎日のようにnoteのカイゼンが走ってるし、毎週のように…

ピースオブケイク、ミッション・ビジョン・バリューの誕生、そして改定のウラ側

2019年12月8日、noteを運営するピースオブケイクは9年目を迎えました。 それに先んじて改定されたのが、わたしたちの「ミッション・ビジョン・バリュー」(以下、MVV)です。 MVVが誕生したのは、2018年の春。 CXO・深津貴之さんが参画したタイミングで、当時の社員全員で会社としてたいせつにした…

やっぱり、みんな情報発信したほうがいいと思う理由

このnoteは「corp-engr 情シスSlack(コーポレートエンジニア x 情シス) Advent Calendar 2019」の12月12日の記事です。 こんにちは。noteを運営している株式会社ピースオブケイクでコーポレートITエンジニアをやっているヒガシです。 何を書こうかなとずっと考えていたのですが、たくさんの同志達…

面接で言われた「正直厳しい」。それでも入社を決めたエンジニアの成長への意欲

note が日々変化しているのをご存知でしょうか。有料記事をプレゼントできるようになったり、記事のカテゴリが増えたり、マイページのQRコードを生成できるようになったり。年間100件以上の機能カイゼンがおこなわれています。 ほかに、大規模な新機能の開発ももちろんおこなわれています。さらに、11…

わたしの仕事は「だれのために」を考えることからはじまる #PRLT

「この仕事に関わる”意味”を出せているのか」 仕事で自分に問いかけていることの1つだ。20代の後半で伊賀泰代さんの「採用基準」を読んで、かなり感化された。 本書によると、マッキンゼーでは「バリューを出せているか」がつねに求められる。たとえば「会議で発言ゼロの人はバリューゼロ」、だか…

2019年もありがとうございました!#note感謝祭 レポート

12月5日。ついに開催されました、note感謝祭! 13〜22時まで、全3部制で開催されました。全編ライブ配信をおこない、YouTubeからアーカイブもご覧いただけます。 この記事では、当日の雰囲気をご紹介していきます。とっても長いので、気になるところを目次機能で覗いてみてください。 セッションで…