noteのみんな

358
スマート新書のつくりかた(動機編)――本とWikipediaの間

スマート新書のつくりかた(動機編)――本とWikipediaの間

スマート新書を発売して、5日たちました。おかげさまで予想よりもだいぶ多くのかたに買っていただいてます。ありがとうございます。 CXOが会社としてのスマート新書の位置付けを書いてくれています。ぼくは、これから何度かに分けて、スマート新書をつくった経緯について書いていきたいと思います。今回は動機について。 動機編 スマート新書をつくった動機をひとことで言うと、あたらしい時代にあった、あたらしい本が必要だと思ったからです。 インターネットによって、メディアの形は変わってきま

122
あたらしい「本」と「文具」の販売をはじめます。

あたらしい「本」と「文具」の販売をはじめます。

今日は、cakesやnoteを運営する会社としてのお知らせを2つさせてください。 出版をはじめます。 ピースオブケイクでは紙の本の出版をはじめます。 名前は「スマート新書」といいます。その名の通り、スマートフォンと同じくらいの「小さな本」です。 ボリュームもコンパクトです。普通の本は200〜300ページで、文字量が10万字〜20万字くらいなのですが、スマート新書は100ページ前後で、3万字前後となっています。 1冊を読むのにかかる時間は20〜30分ほど。電車にのって

283