noteとVRイベント運営のHIKKYがパートナーシップを締結
見出し画像

noteとVRイベント運営のHIKKYがパートナーシップを締結

noteは、世界最大規模のVRイベント「バーチャルマーケット(※)」を主催する株式会社HIKKYと、パートナーシップを締結しました。VRクリエイターが作品を展示・販売するVR空間をつくるHIKKYと、さまざまなクリエイターが創作の背景やストーリーを発信する創作の街をつくるnote。両社がこれまで担ってきたことを連携させることで、VRクリエイターが創作をより一層楽しめる環境づくりに取り組みます。

noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」ミッション実現のため、さまざまなジャンルのクリエイターの創作を、パートナーとともに後押しします。

※バーチャルマーケット:バーチャル空間上にある会場で、アバターなどのさまざまな3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売り買いできる、世界最大級のVRマーケット。開催期間中は24時間運営されていることから、日本はもとより世界中から100万人を超す来場者を誇る、世界最大規模のVRイベントです。

パートナーシップ締結の背景

コロナ下はリアルなコミュニケーションの機会が減少したことから、VRへの注目度が再度高まっています。VR・ARのグローバル市場は2020年から24年まで年率54%で成長し、市場規模は120億ドル(約1兆2,440億円)から728億ドル(約7兆5,465億円)に拡大すると予測されています(IDCによる2020年11月17日のレポート)。HIKKYが主催するVRイベントへ参加するVRクリエイターや企業も年々増加し、2020年開催の「バーチャルマーケット5」は、1,000人規模のクリエイターが出展し、100万人を超える来場者数を記録しました。

一方で、VRクリエイターが作品をつくり、発表し、ファンや仲間に出会う上での課題は、VR空間での作品制作の背景やストーリーを十分に伝える場がまだ決して多いとは言えないことです。創作活動の本拠地として、クリエイターが文章をはじめとしたさまざまなコンテンツを発信する場であるnoteを、VRクリエイターの作品制作の背景やストーリーを発信する場としても利用しやすくすることで、VRクリエイターとファンや仲間とのつながりをより深めることができると考えました。

HIKKYはVRイベントを運営することで、noteは創作の街をインターネット上につくることで、クリエイターが作品を発表したり、ファンや仲間と交流する場を広げてきた共通点があります。この共通の取り組みを加速するため、VRクリエイターの創作を後押しするパートナーシップが実現しました。

パートナーシップでの取り組み

1. note proを利用した、株式会社HIKKY公式noteの開設
noteからHIKKYへ法人向けプランnote proを無償提供し、HIKKYは株式会社HIKKY公式noteの運営を開始します。HIKKYの展開するVRコンテンツの詳細やHPでは語りきれないブランドメッセージを発信するほか、社内のさまざまな職種の人材や職務内容の紹介記事など、noteでだからこそできるHIKKYの情報を発信していきます。

2.バーチャルマーケットとnoteの連動
バーチャルマーケットの参加クリエイター紹介ページやバーチャルマーケット上の出展ブースで、各クリエイターのnoteのアカウントや個別記事をリンクさせて、作品と同時に背景やストーリーが伝わりやすい環境をつくります。まずは2021年8月に開催される「バーチャルマーケット6」から実施いたします。

3. VRクリエイター向け勉強会の開催(第一回は7/30(金)20時から)
VRクリエイターを対象にnoteの活用法を紹介する勉強会を、両社で継続的に開催します。第一回目は7月30日(金)20時からライブ配信します。VRクリエイターがnoteでファンや仲間とつながるための発信のコツ、事例をお伝えします。

ほかにも、バーチャルマーケットの常設型ECモール「VketMall」で販売される商品をnoteの記事に埋め込み表示できるようにして、商品販売とストーリーの発信をシームレスにつなげられるようにするなど、VRクリエイターの創作を盛り上げる取り組みを両社で順次行なう予定です。

コメント

株式会社HIKKY CSO・角田拓志氏
HIKKYはこれまで3Dモデルやその周辺領域のクリエイターの魅力を発信するために、世界最大規模のVRイベントである「バーチャルマーケット」を運営してまいりました。いわばバーチャルのメディアを運営してきたわけですが、バーチャル上だけでは伝えきれない、クリエイターの皆様のクリエイティブに対する熱い想いや隠されたこだわりを、テキストのメディア「note」を通して正確かつ存分にアウトプットし、世の中により伝えていきたいと考えております。今回のパートナーシップを通して、クリエイターの皆様の魅力を伝える一助になれるよう、今後も邁進してまいります。

note株式会社 noteディレクター 須山奏
弊社も株式会社HIKKYも「クリエイター支援」の軸を共に持っている企業です。両社の強みを相互に生かしつつ、クリエイターがよりよい環境で創作を続けられるように、協力していきます。VR上ではテキストを読む文化がまだ発展途上と伺ったので、noteがVRクリエイターの想いを表現・発信する場として使われていけば嬉しく思います。noteにはクリエイターを支援するさまざまな仕組みが既に用意されています。それらを通じて「VRクリエイターが、創作を続けていくための手助け」ができることを、今から楽しみにしています。

株式会社HIKKY

『最も魅力的なバーチャル世界とアクセスを提供する』
株式会社HIKKYはVR/AR領域における大型イベントの企画・制作・宣伝、パートナー企業との新規事業開発を主業務とするVR法人です。
エンタテインメントVRを牽引する注目のクリエイター達をメンバーとして、バーチャル世界の生活圏・経済圏・文化圏の発展と、クリエイターの発掘・育成を目標に設立しました。"誰もが持つクリエイティビティの価値が幅広く認められる世の中を創り出す"ことを目指し、世界で唯一のVRソリューションを提供しています。
HIKKYが主催する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」は、2020年には国際的なVR表彰式「VR AWARDS」のマーケティング部門で最優秀賞、日本の「XR CREATIVE AWARD 2020」で最優秀賞を受賞しました。

設立日:2018年5月1日
代表者: 舟越靖
本社:〒150-0011 渋谷区東3丁目24-2 恵比寿STビル2F


最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

cakesは、2012年9月11日に生まれました。
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。