見出し画像

山口紗弥加さん主演! note社のオフィスがドラマの撮影に使われました

ある週末、だれもいないはずのオフィスにつぎつぎと運びこまれる大きな機材たち。会議室には、カラフルな洋服が並べられていきます。

画像4

なんと、わたしたちnote社のオフィスがドラマの撮影に使われたのです!

今回の記事ではオープン社内報として、撮影の様子をご紹介します。

オープン社内報とは?
一般的には社員しか見ることのできない「社内報」をだれでも見られるように公開することで、会社の中の様子を感じとってもらう企画です。


撮影していたドラマは松本千明さん原作の「38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記」。

この作品は、幻冬舎とテレビ東京とnoteで開催した「#コミックエッセイ大賞 」の第1回入賞作品で、受賞後にcakesで連載を開始。10月8日には書籍も発売されました。

ドラマのあらすじなどは、こちらをご覧ください。


この日の撮影は、主人公の松本チアキ役を演じる山口紗弥加さんと、イラストレーターであるチアキにいつも仕事を回してくれる出版社の編集担当まみ役・野村麻純さんのシーン。

note社は、出版社のオフィスという設定で使われました。

当日は、普段社員のみんながランチをしている丸テーブルで、撮影シーンの打ち合わせ。

画像1


カメラマンさん用のレール(?)も持ち込まれ、本格的に進む撮影。

画像2

ほかにも、micro(小さい会議室)が衣装部屋になったり、large(大きい会議室)が機材置き場になったりと、みんながいつも使っている場所が、あれよあれよと変身していきました。

最後には、主演・山口紗弥加さんと、野村麻純さんも入り口のnoteロゴ前でパチリ!

画像3

ドラマは2020年11月11日(水)夜9時より動画配信サービス「Paravi」で独占先行配信。地上波では、2020年11月18日(水)よりテレビ東京ほかで放送開始です!

どこでnoteのオフィスがでてくるのか!?
ストーリーとあわせてお楽しみください!

画像5


この記事が参加している募集

オープン社内報

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています。

noteは、2014年4月7日に生まれました。
84
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

こちらでもピックアップされています

noteのみんな
noteのみんな
  • 387本

noteで働く仲間の、お仕事noteや社員インタビュー、イベントレポをまとめるマガジンです。