スクリーンショット_2020-01-22_11

宇野常寛さん新著刊行記念"誰もが「書く」ことをはじめた時代の メディアのあり方をゼロから考える"に代表・加藤が登壇します(2月13日)

2/13(木)に "宇野常寛×加藤貞顕 誰もが「書く」ことをはじめた時代の メディアのあり方をゼロから考える(『遅いインターネット』刊行記念)" が開催されます。

※すでに立ち見席ふくめて満席です。ご了承ください。

以下、イベント概要です。

▼出演者
宇野常寛(評論家・PLANETS編集長)
加藤貞顕(ピースオブケイク代表取締役CEO)

▼日時

2020年2月13日(木)19:00開場/19:30開演

▼場所
有楽町 micro FOOD&IDEA MARKET

▼概要
宇野常寛の新著『遅いインターネット』刊行を記念して、有楽町の複合店舗「micro FOOD & IDEA MARKET」にてトークショーを開催します!

テーマは「一億総発信時代における、読むことと書くこと」について。
すべての人がSNSなどを通じて、自分の体験をシェアできるようになった現代において、読むこと・書くことの意義はどのように変化しているのでしょうか。また、読むこと・書くことにおいて、どんなスキルが求められているのでしょうか。

cakesやnoteなど、クリエイターのプラットフォームを運営する第一人者である加藤貞顕さんをゲストに迎え、議論します。

※宇野常寛さん『遅いインターネット』の一部はnoteで公開中です。


note社のヒミツ1:じつはnoteのノートがあるんです。
14
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

この記事が入っているマガジン

プレスルーム
プレスルーム
  • 338本

note株式会社のプレスリリース、メディア出演、社員の登壇情報をおしらせします。ロゴデータは以下から取得可能です。  https://help.note.com/hc/ja/categories/360000051281