見出し画像

noteの記事内に、埋め込めるサービスが増えました

note株式会社

noteでは、新たに8つの外部サービスを記事内に埋め込み表示できるようになりました。

<新たに埋め込み対応したサービス一覧>
・ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」
・デザインプラットフォーム「Canva(キャンバ)」
・デザインプラットフォーム「Figma(フィグマ)」
・配信コミュニティサイト「Twitch」
・質問募集・回答サービス「Peing(ペイング) -質問箱-」
・質問募集・回答サービス「マシュマロ」
・オンラインストレージサービス「Google Drive」
・オンラインホワイトボードツール「Miro」

noteでは埋め込み機能の開発ガイドラインを公開しています。今後もあらゆる外部サービスと連携し、クリエイターの表現の幅を広げるための取り組みを行っていきます。

外部サービスの埋め込み機能で創作をしやすく

noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに、あらゆるクリエイターの創作活動の拠点になることを目指しています。

クリエイターにとって創作のスタート地点となる投稿機能の開発・カイゼンは、noteが特に強化している領域で、今回発表した埋め込み表示ができる外部サービスの拡充もこの取り組みの一つです。また、クリエイターがこれらのサービスに関連した記事を書きやすくなることで、各サービスコミュニティの活性化にも貢献します。

またnoteでは、さまざまなサービスとの連携機会を増やすことを目的に、2020年7月から埋め込み機能の開発ガイドラインも公開しています。これによって、サードパーティー(第三者)の皆さんが自由にnoteとの連携を始められます。

noteは、今後も外部サービスとの連携を強化することで、クリエイターがより良い創作や発信を続けられる場づくりを行っていきます。

⚫︎埋め込み機能の開発ガイドラインhttps://help.note.com/hc/ja/articles/900001827326

⚫︎埋め込み対応しているサービス一覧https://help.note.com/hc/ja/articles/360019596133

各サービスの埋め込み表示イメージ

デザイン・開発系サービス

ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub(ギットハブ)」

デザインプラットフォーム「Canva(キャンバ)」

デザインプラットフォーム「Figma(フィグマ)」

ファンコミュニケーション系サービス

配信コミュニティサイト「Twitch」

質問募集・回答サービス「Peing(ペイング) -質問箱-」

質問募集・回答サービス「マシュマロ」

ビジネス系サービス

オンラインストレージサービス「Google Drive」(ファイル、フォルダ)

オンラインホワイトボードツール「Miro」

機能開発・カイゼンの取り組み

「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」をミッションに掲げるnoteでは、クリエイターの表現の幅を広げるため、大小さまざまな機能開発やカイゼンを日々行っています。

noteは、クリエイターにnoteを創作活動の場として選んでいただけるよう、今後も機能開発や創作支援の取り組みを続けていきます。

▼これまでの取り組み一覧

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでくれた方へ。note社の様子や採用情報などをTwitterで発信しています!

note株式会社
“だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。note(ノート)で、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。